お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

もう許してっ……! 背筋が凍った「彼女からの仕返し」6つ

ファナティック

人に仕返しされるほどひどいことをしてしまったら、反省せずにはいられませんよね。でも、その仕返しの方法が自分がしたこと以上に痛烈なものだと相手のことが怖くなりそう。今回は、男性たちが経験した「背筋も凍るほどの彼女からの仕返し」について聞いてみましょう。
tsuru_uwaaaa_tp_v-1

■破壊系

・「携帯電話を壊されました」(37歳/小売店/事務系専門職)

・「コップを思いっきり投げられた」(30歳/金融・証券/営業職)

腹が立ったときに物に当たりたくなる気持ち、よくわかりますよね。女性は腕力で男性にかなうはずもないので、特に破壊系に走りやすいのかも。普段、大人しいタイプの女性なら特に彼を震え上がらせる効果もバツグンかもしれませんね。

■職場に暴露

・「職場に直接電話されたとき。僕の悪行を延々と怒鳴り散らしたそうです」(35歳/金融・証券/営業職)

・「会社に不幸の手紙」(36歳/建設・土木/技術職)

彼にされたことを二人の問題とせず、会社にまで暴露した女性もいるようです。男性にとって大事な職場で、彼女に対する悪行をバラされてしまうと、そのあと会社にいづらくもなりそうですね。

■友人関係を壊そうとした

・「人間関係を崩しにかかっていた」(26歳/その他/その他)

・「自分に近しい女性に『あいつはこんなやつだよ』と嘘の情報を言いふらして回る」(33歳/その他/その他)

友人まで巻き込むような仕返しをした女性に背筋の凍る思いをしたという男性も。共通の友人が多いカップルだとどっちの味方につくか迷ってしまうと友人まで困らせてしまいそうです。

■完璧に無視

・「1カ月、無視の状態だった。無視されると、弁解もできないし、謝ることもできませんでした」(39歳/機械・精密機器/技術職)

・「LINEとFacebookでまったく連絡ができなくなったとき」(26歳/その他/秘書・アシスタント職)

本気で怒っているということを示すために彼からの連絡を完璧に無視。謝りたいと思ってもその手段すらなくなって困り果ててしまう男性も多そう。こういうときは、彼女からの連絡を待つしかなさそうですね。

■個人情報を晒された

・「個人情報や写真をネット上で晒された」(24歳/その他/その他)

・「ネットに電話番号を投稿された」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

一度、ネット上にさらされた情報は削除してもイタチごっこになることが。それがわかっているからこそ、ネットに個人情報を晒すという仕返しにかなりの恐怖を感じる男性も多いようですね。

■浮気

・「全然気にしていないよとかいいながら、陰で浮気されていたこと」(39歳/その他/事務系専門職)

・「彼氏の男友だちと関係を持つ」(36歳/自動車関連/販売職・サービス系)

彼女とケンカしたときに、あっさり許してもらえたのかと思ったら陰で浮気していたという仕返しをされた男性も。でも、仕返しだとしても、浮気をしてしまうと関係を元通りにするのは難しいかもしれませんね。

■まとめ

謝ったくらいでは許せないほど腹が立つ。そんな彼に対する彼女の仕返しは、いろいろなパターンがあるようですね。どれも男性たちに「女性は怖い」と思わせるのに十分な効果があったようですが、仕返しをしたあとに関係がどうなったのかも気になるところ。彼との付き合いを終わらせるつもりはないけれど、仕返しはしたい。そういうときには、少し手加減しておいたほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月7日~2016年12月12日
調査人数:401人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]