お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

まさに黒歴史! 記憶を抹消したい元カレの特徴6パターン

ファナティック

01

誰にでも抹消したくなる「黒歴史」はあるもの。特に恋愛がからんだ経験は抹消したくなる記憶が多いような!? 働く女性に、過去に付き合った人や好きになった人の中で、「恋愛遍歴から抹消したい!」と思った人の特徴を教えてもらいました。

■ケチすぎる人は記憶から抹消対象?

・「ケチ男。映画観に行ってちょうどレディースデーで私は1,000円、彼は前売り券で1,300円。私と彼の間に300円の差が出る。その300円を割って1人1,150円で観ようって言われて私に150円を催促した! ほんとありえないって思った」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「顔は良いのにとにかくケチ。お金にシビアな人」(28歳/その他/秘書・アシスタント職)

全部おごれとは言わないけれど、あまりにケチすぎると「お金を払う価値もない」と言われたようで正直傷つく!? 女性の記憶から抹消されやすいタイプかもしれません。

■ヒモやニートになってしまった恋人の記憶

・「職場の先輩だった人。働きたくないのはわからなくもないけど、ヒモになりたいと言い出したり、クズだなと思った」(26歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「途中でニートになり、自由を求めて旅立った」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

生き方は人それぞれとはいえ、自分度外視で自由に生きられると「縁のなかった人」だと思わされますよね。全くの他人なら共感できるところもあるのですが……。

■体目当てだった元カレのこと

・「体目当てで1週間で別れた。見る目がなくて恥ずかしくて言えない」(26歳/医療・福祉/専門職)

・「最初の元カレ。公共の場所でも、堂々とキスしたがる。付き合って1日でかばんの中にゴムが入っていたのを見つけてしまった」(33歳/食品・飲料/その他)

自分の「男を見る目のなさ」が恥ずかしくて、忘れたくなるのがこんな元カレがいたこと。人には恥ずかしくて絶対に言えません。

■価値観が合わないタイプを好きになったこと

・「かなり空気の読めないタイプの人を好きになった。当時は『実は色々考えてるんじゃないか、本当の姿が見たい』とか思ってたけど、多分そのまんまの人だった」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「価値観が合わなすぎて付き合った感もない」(30歳/機械・精密機器/技術職)

「時間を棒に振ってまで、付き合う価値のない人」と一緒にいたこともできれば忘れてしまいたい思い出。若さゆえとはいえ、やっぱり恥ずかしい?

■嘘つきな男性と付き合っていたこと

・「『彼女とかいるでしょ?』って聞いたとき『いないよ』といった男性を好きになった。彼女がいるどころか、既婚者だった。彼が言った言葉をうのみにして、全く気がつかなかった自分も抹消したい」(33歳/医療・福祉/専門職)

・「偽名使って私と付き合ってた人」(29歳/その他/販売職・サービス系)

浅はかだった自分が恥ずかしくて、忘れたくなるのがこんな恋の思い出かも? 恋愛は時に人を盲目にするため、こんな男性に引っかかってしまうことも……。

■時間とお金と荷物を奪った元カレのこと

・「気持ち悪い人。私の荷物を勝手に持って行った人。返せ!音信不通になったので戻ってこない」(32歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ギャンブルに明け暮れて、借金を肩代わりさせられた人」(33歳/商社・卸/販売職・サービス系)

もうこれ以上何も失いたくなくて、忘れたいのが時間もお金も荷物も奪っていった元カレのこと。早く記憶から消えてほしい!

思い出す度にあの頃の嫌な思い出がよみがえってきて、「早く記憶から出ていってくれないかなあ」なんて思ってしまうのがこんな男性たち。時間もお金も記憶にもダメージを与えてくるなんて、なかなか罪深い人たちかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年9月にWebアンケート。有効回答数210件。25歳〜34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]