お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

「忙しい男性」に愛される女性の6つの共通点

ファナティック

愛情がないわけではないけれど、忙しくしていると仕事優先で彼女のことは後回しになってしまう男性は多いですよね。でも、そんな忙しい男性も女性側の態度によっては、たっぷりと愛情を注いでくれることも。今回は「忙しい男性にも愛される女性」の共通点について、男性目線で語ってもらいました。
px0010001892m-2

■気遣いができる

・「気遣いや料理、相手をよく理解してくれること」(39歳/建設・土木/技術職)

・「ちょっとした気遣いができる。話を最後まで聞いてあげたり、LINEで、今日もがんばろうね~という一文を送ったり」(32歳/情報・IT/技術職)

彼がしてもらいたがっていそうなことを先読みして、気遣いを見せる。ちょっとしたことでも、自分のために気を遣ってくれたと彼に感じさせることができれば、大事にしないといけない女性だと思ってもらえそうですね。

■癒し系

・「癒し系で包容力がありそうな女性」(22歳/その他/その他)

・「癒し系? 癒してくれる相手がいいんだと思う」(39歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

疲れているときにはひとりになりたいタイプの男性でも、癒し系の女性となら一緒にいてホッとできる時間を作れそう。包み込むようなやさしさを持つことで、忙しい男性の「帰る場所」になることもできますよね。

■適度な距離感を保てる

・「相手の都合を考えて適度な距離で付き合う」(30歳/金融・証券/営業職)

・「お互いの距離感がしっかり取れている」(26歳/自動車関連/技術職)

二人でいる時間を大切にしてくれるけれど、ベッタリにはならずに適度な距離感を保てる。自分ひとりの時間も大事にできる女性なら、男性も束縛されていると感じずに気楽でいられそうですね。

■仕事への理解がある

・「我慢強い女性。急に仕事が入っても、文句のひとつも言わない女性は、男性にとっては楽です」(39歳/機械・精密機器/技術職)

・「わがままを言ってこない、仕事を理解している」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

急に仕事が入ってデートをドタキャン。そういうとき、男性自身も残念に思っているのに、女性が怒ると正直ウンザリということも。男性にとっての仕事の大切さを理解して、サポートしてくれる彼女だと男性も埋め合わせはきちんとしてくれそうですね。

■世話好き

・「かいがいしくて世話好きな女性」(39歳/その他/事務系専門職)

・「面倒見がいいところ」(27歳/その他/その他)

身の回りの世話を焼いてくれる面倒見のいい女性。忙しいと何をするのも億劫になりがちな男性にとっては、かいがいしく世話をしてくれる女性がいるのはありがたいこと。いつも自分のことを考えてくれているといううれしさもあるのでしょうね。

■家庭的

・「家事や料理ができて忙しい男を支えてあげられる人」(22歳/食品・飲料/営業職)

・「家事能力が高い」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

男性の胃袋を掴むのは気持ちを掴むのと同じとも言われますが、料理上手で家庭的な女性も男性の気持ちをガッチリつかめそう。こういう人と結婚したいと思わせることができれば、忙しい男性にも大事にしてもらえそうですね。

■まとめ

忙しさを理由に彼女を放置するというのは、男性としても心苦しさはあるはずですよね。でも、それを気にしなくてもいいように振る舞ってくれる女性だと「大事にしよう」という気持ちもわいてくるのかも。自分のためを思ってのサポートや気遣い。さり気なくそういう行動が取れる女性なら、どんなに忙しい男性でも「彼女と一緒にいたい」という気持ちは忘れないでいてくれるでしょうね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月7日~2016年12月12日
調査人数:401人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]