お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

女として見れねぇ! 妻になっても「絶対に見せないでほしい姿」6つ

ファナティック

結婚した途端に安心したのか恋人時代には見せなかった本性を現す。既婚者からはこういう声が聞こえてくることもありますが、たとえ結婚したとしても見せていい姿とそうでない姿がありそうですね。今回は「妻になっても絶対に見せないでほしい姿」について男性たちに聞いてみました。
af9920055621m

■ムダ毛処理

・「ムダ毛の処理」(35歳/その他/営業職)

ムダ毛を処理する姿というのは女性としても見られたくありませんよね。結婚して一緒に暮らしはじめるとタイミングを見計らうのも大変かもしれませんが、お風呂などでコッソリ処理して、男性にはキレイな姿だけを見せてほしいという意見も多いようです。

■恥じらいを失くす

・「オナラやゲップなど、最低限のデリカシー」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「平然とオナラをしたり恥じらいが欠如した行いは絶対にNG。あとは他者を引き合いに悪口を言うなどの嫉妬」(35歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

家族になったという安心感なのか、人前ではしないようなオナラやゲップも平気になる。でも、男性としては、妻になったとしても女性としての恥じらいを失くしてもらいたくないと思っているようですね。

■下着姿でウロウロ

・「下着姿でウロウロするなど」(32歳/運輸・倉庫/営業職)

・「全裸や下着姿で部屋内の行動」(27歳/その他/その他)

妻の体のことはすべて知っているけれど、隠すべきときにはキチンと隠してほしい。お風呂上がりに下着姿でウロウロされると女性らしさに欠けるなとガッカリしてしまう男性も多いかもしれませんね。

■ほかの男性とのスキンシップ

・「ほかの男性との過剰なスキンシップ」(27歳/その他/その他)

・「ほかの男性に甘える姿」(36歳/不動産/営業職)

妻には自分のことだけを見てほしいと思っている男性からすると、妻がほかの男性とスキンシップを取るのは言語道断。特別な感情がなかったとしても自分以外の男性に甘える妻を見たら、単純にヤキモチをやいてしまいそうですね。

■だらしない姿

・「だらしない姿を見せないでほしい」(23歳/その他/その他)

結婚すると「幸せ太り」と称して体形に気を使わなくなる人がいますが、だらしないと感じる男性も。年齢とともに体形が崩れるのは仕方ないことでも、それを食い止める努力くらいはしてもらいたいのでしょうね。

■身だしなみの手抜き

・「見た目を気にしないようにはなってほしくない」(37歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「すっぴんが当たり前の状態」(38歳/情報・IT/技術職)

結婚前はメイクにも身だしなみにも気を遣っていたのに、結婚してからは完全に手抜き。毎日、バッチリメイクする必要はないにしても、いつもすっぴんだと男性から見て「女を捨てた」と思われることもあるかもしれませんね。

■まとめ

結婚しても仕事を続けていたり、子どもができたりすれば忙しさのあまり自分自身を顧みる時間がなくなるのも仕方のないこと。男性には、その点も理解してもらいたいものですが、妻にはいつまでも女性らしくキレイでいてほしいという気持ちがあるのも当然のことかも。常に完璧でいるのは難しくても「夫のために」と努力する姿勢を見せるだけで、男性たちはがんばっているなと温かい目で見てくれるかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年12月7日~2016年12月12日
調査人数:401人(22~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]