お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

お前のミスだろっ! 職場の上司にイラッとする瞬間・6つ

ファナティック

社会人になりたての頃は、先輩社員や上司がとても仕事ができるように見えて、尊敬のまなざしで見ていたものですよね。でも仕事に慣れるにつれ、現実も見えてくるもの。今回は、仕事ができない上司にイラッとするときを、社会人女性に打ち明けてもらいました。

www-pakutaso-com-shared-img-thumb-green25_uriage20141123154335

■指示を出さない

・「指示を明確にしてくれない、判断があやふや」(33歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「指示もちゃんとしないくせに、嫌みだけ言ってくる上司にイラッとしたから」(26歳/商社・卸/事務系専門職)

上司が仕事の指示を出さないと、部下はどのように行動してよいか分からないもの。本人が把握していないことも考えられますよね。

■ミスを部下におしつける

・「自分のミスを人のせいにするとき」(33歳/生保・損保/営業職)

・「ミスを部下の責任にしようとするとき」(25歳/生保・損保/営業職)

仕事でミスが起きたときこそ、上司の度量が見えてくるものではないでしょうか。カバーしてくれる上司もいれば、平気でミスを部下におしつけてくる上司もいますよね。

■仕事ができないのに説教する

・「自分が仕事をできないのを棚に上げて人のことを非難したとき」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「自分も仕事できないくせに、理不尽な理由で説教」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/秘書・アシスタント職)

自分自身が仕事ができないのに、なぜか偉そうに部下に説教する上司もいるもの。厚顔無恥とは、まさにこのことではないでしょうか。

■仕事の要領が悪い

・「仕事の要領が悪く、仕事がたまって、自分に仕事がふりかかる」(27歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「仕事が遅い、要領が悪い、段取りができていない」(23歳/学校・教育関連/専門職)

仕事をする上で大切になってくるのは、仕事の効率化ですよね。上司の仕事の要領が悪いと、その部署全体の効率が悪くなってしまうのでは。

■仕事を押しつける

・「なんでも部下に仕事を押しつけてきて自分の手柄にする」(33歳/不動産/事務系専門職)

・「なんでもイエスと答えてしまって部下に尻拭いさせるとき」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

仕事を何でも部下に押しつける上司もいますよね。部下が残業していても、自分は平気で定時に上がるタイプの上司は怪しいものです。

■何も手伝わない

・「何か手伝ってくれたら良いが何もしない」(34歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「何もせず、文句だけは言う人。せめて動けよ、と思うから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

口だけ出すのは誰にでもできること。部下のためを思って、仕事を手伝わないなら分かりますが、自分の予定だけを考えて手伝わない上司には、イラッとしますよね。

■まとめ

仕事ができない上司ほど、イラッとしてしまうもの。上司には部下の見本であってほしいものですが、なかなかそうもいかないものですよね。とはいえ、会社の人事によって上司に選ばれているので、面と向かってはむかっていくのはやめておいたほうが良さそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~35歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]