お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

うわ、気まずいっ! 彼氏の見てはイケナイものを見てしまった瞬間

ファナティック

%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%abできれば見られたくなかったであろう、彼氏の姿や持ち物を見てしまった経験があるという女性もいるのではないでしょうか? そこで、恋人の見てはいけない姿やものを見てしまったという女性たちに、どんなものを見てしまったのかについて聞いてみました。

■仕事での失敗

・「仕事でミスしているところ」(26歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「仕事の失敗。同じ会社だからこそのエピソードだが、自分のことのように落ち込むし、触れてはいけない気がするから」(28歳/情報・IT/技術職)

男性は仕事で失敗をするなど、かっこ悪い姿を見られるのはイヤなものでしょう。こんな姿を見てしまったときは、思わず見てはいけないものを見てしまったような気分になってしまうのではないでしょうか?

■元カノの写真

・「以前、付き合っていた彼女と一緒に写っている写真」(25歳/その他/事務系専門職)

・「昔の恋人との写真」(26歳/その他/事務系専門職)

過去の恋人と一緒に撮影した写真などは、できれば見えない所にしまっておいてほしいものです。しかし、何かの拍子に目にしてしまったときには、何とも言えない複雑な気分になってしまうようですね。

■預金通帳

・「貯金通帳。予想以上に貯まっていなかった」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「金銭出納帳。いけないとは思いながらも、相手の金銭感覚が気になってこっそり見てしまった」(31歳/その他/その他)

彼がどれくらい貯金しているのか、興味を持つ女性もいるのではないでしょうか? 決して見てはいけないと思いつつも、偶然見てしまったときには思わず見てはいけないものを見てしまったような気持ちになってしまうようです。

■薄毛を気にしている様子

・「鏡で薄毛チェックをしている姿を見たとき」(35歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「はげぎみな旦那。お風呂あがりはかなりの落ち武者。はじめて見たときは頭しか目に入らなかった」(29歳/医薬品・化粧品/秘書・アシスタント職)

男性の中には薄毛が気になる人もいるようです。そんな薄毛をチェックしている様子などをうっかり目にしてしまったときは、見てはいけないものを見てしまったと目をそらしてしまうのではないでしょうか?

■トイレで用を足している姿

・「トイレの扉を開けっぱなしだったとき」(33歳/学校・教育関連/技術職)

・「誤ってトイレに入ってしまい、ふんばっている姿を見てしまった」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

彼氏がトイレに入っているのを知らず、うっかり扉を開けてしまったという女性は少なからずいるようです。そんな様子を見られては、お互い恥ずかしい思いをしてしまいそうですね。

■まとめ

男性には見られたくない姿というのがたくさんあるものです。女性としても、意図してみようと思ったわけではない場合は、なんだか申し訳ない気分になったり気まずさを覚えるという方もいるのではないでしょうか? もしうっかり見てしまったときは、そのことに触れずにそっとしておいてあげるのが、優しさなのではないでしょうか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年12月にWebアンケート。有効回答数123件(22歳~36歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]