お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

許してちょ! 彼氏に「罪悪感を抱いた」エピソード・6つ

ファナティック

彼氏に対して、罪悪感なナシ!と胸を張れる女性はどれだけいるのでしょうか? きっと多くの人が、ひとつやふたつ、もしくはそれ以上、彼氏に対して罪悪感を覚えるような瞬間があったはず。では、実際にどんなことを彼氏に秘密でしでかしてしまったのか、働く女性たちにこっそり教えてもらいましょう。

■合コンへ……

・「男性が大勢いる飲み会に行って盛り上がっているとき。同じことをされたら嫌だと思うから」(28歳/医療・福祉/専門職)

・「付き合っている間に、合コンに行ったこと」(31歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

すてきな男性と出会いそうな合コンへの参加。友だちから頼まれたり、人数合わせだと言え、彼氏が知ったら決していい顔はしないですよね。

■男友だちと2人で……

・「男友だちと2人きりで飲みに行ったときに、女友だちと飲んでるとうそをついた」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「男友だちと飲みに行ったこと。相手の彼女もいたけれど、何となく話しにくくて黙っているので、罪悪感がある」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

いくら何もない関係とはいえ、男友だちと飲みに行く、と事前に言われたら、きっと彼氏も止めたはず。お酒が入ると、彼氏も心配してしまいそうです。

■浮気を……

・「ちょっとほかの男性に心の浮気をした」(23歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「浮気をしてしまったこと。悪いと少しは思っていた」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

浮気は恋人に対する最大の裏切り行為。決して許されるものではないでしょう。だからこそ、彼氏には絶対に言うことなどできませんよね。傷付けないためにも、墓場まで持っていくべき秘密かも。

■デートを断った理由

・「デートに誘われたけれど、めんどくさいので断ったとき」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

・「仕事で疲れきっていたので、デートの約束を『風邪をひいた』と言ってキャンセルしたとき。申し訳ないと思った」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

彼氏とのデートは楽しいのですが、それは万全の状態だったときの場合。体調や心が「今日は無理!!」という状態だったら、彼氏には申し訳ないですが、断るしかありません。

■ダイエット宣言をしたけど

・「『ダイエットします!』と言いながら、お菓子がなかなか辞められないとき」(33歳/不動産/専門職)

彼氏のためにも痩せようと思ってはいるけれど、食欲には勝てないときもあります。こればっかりは仕方がないですよね……。ストイックにダイエットができればいいですよね。

■本当は……

・「『好きだ』ってくれたとき。自分はそうでもないので」(27歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「彼氏の顔がどうしても好きになれず、付き合って時がたってもだめだった」(29歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

付き合ってはいるけれど、実はそれほど好きではない……という男性のほうからしたら、決して知りたくはなかった事実。交際を続けたいと思う限り、これは正直に言うべきではないでしょうね。

■まとめ

彼氏に対して後ろめたいものがある人はほかにもいます。「あげたプレゼントがテキトーに選んだものだったとき」(30歳/小売店/販売職・サービス系)など、自分がさほど気合を入れていないプレゼントに対して、彼氏が予想以上に喜んでくれたら、なんだか申し訳ない気持ちになりますよね……。お互いに幸せだと思える関係をしっかりと築いていけるように、できるだけ、彼氏に対してうしろめたい行動はとらいないほうがいいですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月17日~11月25日
調査人数:112人(22歳~34歳の女性)

 

お役立ち情報[PR]