お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

まっったく寂しくない! ひとりぼっちのクリスマスを楽しむ方法

ファナティック

今年も、クリスマスが近づいてきました! 街はクリスマスムード一色。カップルで過ごす方々は、どこでどんな風に過ごすのか、きっちりと予定を立てているのかもしれませんね。しかし残念ながら「今年はどうやら、ひとりで過ごすことになりそう……」という女性もいるはずです。ひとりぼっちのクリスマスを楽しむための方法について、女性たちに伝授してもらいました。

pak86_kurisumasuhasakabintoissyo1344_tp_v

■おいしいものを

・「おいしいケーキとチキンを用意する」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

・「ケーキをホールで買って食べる。ひとり食いは楽しいと思うから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

クリスマスに欠かせないのが「ごちそう」です。ケーキやチキンは、クリスマスディナーの定番ですよね。たとえひとりでも、おいしい食事は心を満足させてくれるはず! 誰かに気を使う必要もありませんから、自分の好きなものだけを贅沢に楽しんでみてください。

■テレビで盛り上がる!

・「ひとりぼっちのクリスマスを楽しむ方法はテレビをつける。テレビはおもしろいから」(27歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「部屋に引きこもってぐうたらしながらテレビを見る」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

クリスマス時期には、魅力的な特別番組が多数放映されていることもめずらしくありません。ひとりでも、手軽にぬくぬくとクリスマス気分に浸れるはず。どんなにお行儀が悪くても、誰にも文句は言われません。

■趣味に没頭

・「クリスマスだということを忘れてゲームに没頭する。寂しくないし、楽しめるから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「好きなDVDを全巻借りてきて一気に見る」(33歳/不動産/事務系専門職)

今年のクリスマスはちょうど週末に当たります。趣味の世界にドップリとはまり込むのに、ピッタリのカレンダーです。自分ならどう過ごすと楽しめるのか、じっくりと考えてみて。ひとりぼっちだからこそ、ワクワクして当日を迎えられるのではないでしょうか。

■忘れるに尽きる!?

・「今日がクリスマスではないと思い込む。クリスマスだと思うから、寂しくなったりすると思うので」(30歳/学校・教育関連/専門職)

・「クリスマスだと思うから寂しいと思うだけで25日は給料日だと思えばいいのです」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

そもそもクリスマスは、外国の宗教儀式のひとつであり、日本人にとっては関係ないイベントのはず! どうがんばってもむなしさが消えないのであれば……「ただの年末の一日」として、存在を忘れ去るのもオススメですよ。

■それも無理なら……

・「家族か同じくフリーの友人を誘って過ごすと思います。やはり物理的にひとりでいるのは寂しいだろうから」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「独り身の友達同士で集まってパーティ。テンションが上がりそうだから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

いくらがんばって忘れようとしても、この世に情報はあふれています! ひとりぼっちはやっぱり嫌と思ったら、ぜひ同じ境遇の人を探してみてください。新たな出会いへと発展するのかもしれません。

<まとめ>

ひとりぼっちのクリスマスでも、きっと楽しい一日にできるはず。「あぁ、今年はひとりで過ごすことになりそうだな」と思ったら、ぜひ「自分ひとりによる、自分のためだけのクリスマスプラン」を企画してみて。思い切りワガママな時間を過ごすのもよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月14日~2016年11月29日
調査人数:108人(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]