お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 人間関係

会社帰り、サシで帰るのがキツイ女性の特徴・6つ

ファナティック

社内の男性と会社帰りに一緒に帰ったことがきっかけで、お付き合いするようになる例もありますよね。ですが、男性からはたとえタイミングが一緒でもサシで帰るのがキツイなと思われることも。いったいなぜ? 今回は社会人男性に聞いてみました。

■服装がおかしい

・「服装がダサくて女の子っぽくない人」(36歳/印刷・紙パルプ/技術職)

・「服装が奇抜すぎる。見た目がちょっと……って感じの人」(28歳/機械・精密機器/技術職)

会社帰りは当然私服。雑誌などでは通勤に適したオフィスカジュアルが特集される一方で、われ関せずという感じだと、会社帰りに男性からデートに誘われることはないかも……。

■香水のにおいがキツい

・「香水などのにおいがキツい人。そういったにおいは苦手なので」(23歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「香水のにおいがキツくて、自分のタイプのにおいではない」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

香水のにおいは好みが分かれますよね。万人受けする香りを適量まとえればいいのですが、できていない人がいるからこそこうした声が上がってくるのでしょう。どの香りでも、キツくならないように注意したいものです。

■仕事の話かしない

・「仕事の話かしない子は疲れます。イヤです」(29歳/印刷・紙パルプ/販売職・サービス系)

・「仕事の話か話題がなくてつまらない人」(29歳/自動車関連/技術職)

会話の基本はお互いの共通の話題を探すこと。同じ会社の人であれば仕事の話が共通の話題ということになりますが、天気の話のようなもので、相手のことをもっと知りたいと思わせる力はないかもしれませんね。

■自分のことばかり話す

・「自分のことばかり話す女性。正直話したくないので」(35歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「自分の話を一方的にしてくる女性」(34歳/情報・IT/技術職)

プライベートでしか聞き得ない情報だとしても、求めてもいないのに大量に入ってくる情報には耳をふさぎたくなりますよね。相手の話に何かリアクションをしたいのに、その時間が与えられないのはつらいことですね。

■無口

・「無口な女性。一緒にいても話ができないから盛り上がらない」(33歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「無口で会話が続かない人。気まずいです」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

逆に、会話の主導権を男性に委任するタイプも実はイヤがられるようです。興味のない男性に対してはそうした態度をとってしまいたくなるかもしれませんが、社交辞令程度のコミュニケーションはしたほうがよさそう。

■話が合わない

・「話しててもおもしろくない女性は一緒に帰りたくない」(25歳/アパレル・繊維/営業職)

・「話すことがないような、タイプの正反対の子」(28歳/情報・IT/営業職)

共通の話題があったとしても、見解が正反対だと話が盛り上がりませんよね。親しい間柄なら正反対の意見も楽しめるかもしれませんが、ただ一緒に帰るだけの相手にそこまで求める人はいないでしょう。

■まとめ

会社帰り、タイミングが一緒でもサシで帰るのがキツイ女性の特徴について、男性の意見が寄せられました。「疲れているのにずっとしゃべっている人」(39歳/学校・教育関連/専門職)が苦手という男性もいました。気になる男性に自分と一緒に帰るタイミングをずらされてしまわないよう、気をつけたほうがいいかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月17日~11月25日
調査人数:383人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]