お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

マナー的に愛想よくしただけなのに! 女性に脈アリと勘違いされた経験・6選

ファナティック

好きな人が自分に好意を持っていたらどうしますか? そのまま畳みかけるように口説けばうまくいくかもしれませんよね。ですが、相手はマナーだと思って愛想よくしただけなのに、女性が脈アリと勘違いするケースがあるようなのです。そこで今回はそんな経験について、働く男性に聞いてみました。

■おごってあげたら……

・「2人きりのシーンがあり、おごってあげたら」(36歳/商社・卸/営業職)

・「食事をおごって帰りのタクシー代も支払う」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

食事代などを出させる女性を毛ぎらいする男性はいますよね。ですが、マナーとして女性におごってあげる男性もいるようです。一部の男性は本命の女性にしかおごりませんから、お金を出されると勘違いする女性も多いのかも。

■ドリンクを補充してあげたら……

・「ドリンクがなくなってたので、店員を呼んであげたこと」(32歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ドリンクの減り具合などを気に掛けてあげただけなのに」(33歳/不動産/営業職)
気になる男性が自分のために、新しいドリンクを頼んでくれるとうれしいですよね。好意を感じる行動ですが、みんなにやさしいと考えたほうが無難のようです。

■レディファーストを実行したら……

・「レディファーストな行動をしたとき」(30歳/金融・証券/営業職)

・「レディファーストで、先に誘導したりしていたら勘違いされた」(36歳/機械・精密機器/技術職)

英国紳士といえばレディファースト。日本人でも、意識の高い男性なら身につけているたしなみですよね。男性に女性だからという理由で親切にされているのに、自分のための好意だと勘違いするとかなり恥ずかしい思いをしそうです。

■アドレスを聞いたら……

・「メルアド交換しただけで、脈アリだと勘違いされ、『会いたい会いたい会いたい』と言われて疲れた」(29歳/印刷・紙パルプ/販売職・サービス系)

・「合コンで取りあえずアドレスを聞いたら、猛アタックがきた」(29歳/自動車関連/技術職)

女性から積極的にアプローチするのはかまいません。ですが、猛烈にアピールする根拠が相手が連絡先を教えてくれたということだけなら、ひとり相撲をする可能性が高いかも。ほかにも自分に対する好意の根拠を見つけないと厳しいでしょうね。

■物を動かしてあげたら……

・「会社の給湯室にあるコップを、その人の分まで洗ってあげたこと」(29歳/情報・IT/技術職)

・「みんな適当に止めている駐輪スペースの奥から自転車を出そうとしていたので、出しやすいように回りを整理してあげたら、誤解をされたこと」(37歳/不動産/専門職)

男性に自分のために体を動かしてもらうのはうれしいものです。ですが相手はマナーとしてやっているのに、自分への下心が理由だと推測してしまうのはかえって失礼かも。厚意を普通に受け入れられるようになりたいですね。

■仕事なのに……

・「仕事で愛想よくしていたら手紙を渡された。気まずくなった」(34歳/商社・卸/営業職)

・「仕事だから仕方なく話していただけの女性」(36歳/小売店/営業職)

仕事仲間として愛想よくしていたところ、女性から勘違いされて困ったという男性も。まさか仕事だからニコニコしていただけですとも言えず、困ってしまいそうですよね。仕事なら、過度に愛想よくしないほうがいいでしょう。

■まとめ

マナーだと思って愛想よくしたら、女性に脈アリと勘違いされた経験についてさまざまなエピソードが寄せられました。また、「SNSで愛想よくしたら勘違いされてしつこくせまられた」(34歳/情報・IT/技術職)という今どきのツールで困ったという声も。脈アリのサインを見抜けないと恥ずかしいことになりがち。あまり男性に期待しすぎないように、気をつけたほうがいいかもれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月17日~11月25日
調査人数:383人(22歳~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]