お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

隠せてないよっ! 「好きバレ」しやすい女性の特徴6選

ファナティック

特に片思いの時期には、好きな人への思いを自分の胸だけにこっそりとしまっておきたいと願う女性も多いと思います。周囲や恋愛相手にバレると、なんとなく恥ずかしい……! しかし些細な言動がきっかけとなり、「好きバレ」してしまうケースは決して珍しくありません。「好きバレ」しがちな女性の言動について、女性たちの意見を聞いてみました。

■真っ赤!

・「意中の人がいるだけで顔が赤くなる人」(27歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

・「すぐに顔が真っ赤っかになってしまう。イケメンの前で」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

意中の相手の前に出たときに、思わず顔を赤らめてしまうのは、相手のことを意識している証拠です。「すぐに顔が赤くなってしまう」のは、体質によるところも大きいもの。とはいえ、女性らしくてかわいい! と思う男性も多いはずです。

■無条件でニコニコ

・「好きな人の前では、楽しそうに笑顔でいる」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「いっぱい連絡しちゃう、一緒にいるときにニヤニヤしちゃう」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

好きな人と一緒にいられることがただただうれしくて、ついニコニコしてしまうのでしょうね。たとえ好きバレしたとしても、基本的に悪い印象は持たれないはず! ただし真剣な話をしているときだけは、ニヤニヤしないよう注意してください。

■視線

・「その好きな男性のことをずっと見ている」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「急におとなしくなったり、目線が相手にいって目で追っている人」(31歳/情報・IT/技術職)

大好きな気持ちは、視線から伝わってしまうことも多いよう。見つめられるほうは、意外と敏感に視線をキャッチするものです。つい目で追ってしまうという方は、意識してほかを見つめる工夫が必要かもしれません。

■声のトーン

・「その人のときだけ、声のトーンが変わってしまう」(30歳/医療・福祉/専門職)

目線とともに注意しなければならないのが、声のトーンについて。本人だけでなく、周囲にも一気に好きバレしてしまう可能性が高いです。無意識でトーンが上がってしまう方も多いので、まずは自分の状況を冷静に判断する必要がありそうです。

■焦る!

・「好きな人の前になると緊張してしまい、しどろもどろになってしまう」(27歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)

・「好きな人の前だけ慌てて落ち着きがない。目に見えて慌てるのですぐバレる」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

好きな人には悪く思われたくない一心で、つい緊張してしまう人はいませんか? 焦りで好きバレするリスクのほか、「自分らしい魅力をアピールできない」というデメリットもあります。まずは一緒にいる機会を増やし、相手に慣れるのがオススメですよ。

■実は自分から?

・「SNSとかで、ヒントをちりばめている人」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「まわりの人に誰が好きかをベラベラ話してしまう。人のうわさで漏れ伝わっていそうだから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「『内緒だよ』が口癖だけど、いろんな人に言っていて結局内緒になっていない」(27歳/医療・福祉/専門職)

意外と多かったのが「我慢できずに自分からアピールしてしまう!」という意見です。むしろ自分で望んで好きバレしているような雰囲気ですね。とはいえ、まず自分の気持ちを知ってもらわないことには、状況は動きません! 実は意外と効率のいい戦略なのかもしれませんよ。

■まとめ

好きバレするのはちょっと恥ずかしいけれど……もしかしたら、そこから恋がスタートするのかもしれません。さりげなく好きバレして、相手の反応を探ってみるのもアリだと言えそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月15日~2016年11月28日
調査人数:103人(22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]