お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

初めてのお家デート、女子がOKするタイミングは●回目と判明!

ファナティック

新しい彼氏ができて、ドキドキしてしまうのが「何回目のデートでおうちに誘われるか」ということ。女性は恋人と付き合って何回目のデートでおうちにお泊まりするのが理想? 「おうちに誘われる最も自然なタイミング」について働く女性に教えてもらいました。

Q.女性に質問です。恋人と付き合って何回目のデートでおうちデートをしたいですか?

1位 3回目……23.75%
2位 5回目……22.75%
3位 11回目以上……19.8%
4位 4回目……8.4%
5位 10回目、2回目……5.9%
同率6位 1回目、7回目……4.95%
8位 8回目……1.95%
9位 6回目……1.45%
10位 9回目……0.45%

今回のアンケートでは3回目、次いで5回目のデートで誘われるのが理想と考える女性が多いことが判明。また11回目以上など、おうちデートは慎重にしたいという女性も多いよう。無難派と慎重派、それぞれ二手に分かれる結果に? 詳しく聞いてみましょう。

■3回目なら気持ちが乗り気になる

・「初めてと2回目は、どんな人かを見極めたり、相手を知れるときだと思うから、それを乗り越えたら家に行ってみたいなって思う」(30歳/その他/事務系専門職)

・「付き合う前にもデートをしているし、付き合ってから1、2回デートをすればある程度相手のこともわかってきてると思うし、もっと一緒にいたいと思い始めてる頃だと思うので」(27歳/情報・IT/その他)

デート1〜2回目はお互いの雰囲気や相性を探るのに精いっぱいですが、3回目となると気持ちに余裕が。「一緒にいたい」という気持ちのまま朝を迎えられそう?

■5回目なら素の自分も受け入れてもらえそう

・「その人によるが、あまり探り合いがなくなるぐらいお互い好きだとわかるのがだいたいこのぐらいだと思うので」(34歳/その他/事務系専門職)

・「だいたい素を出しても受け入れてくれるかな?と思えるから」(31歳/医療・福祉/専門職)

ただとなると自分のすっぴんや見せていなかった一面を見られるため、ある程度の信頼関係はほしいですよね。この点、5回目なら安心できそう。

■11回以上会って、いい人かどうか確かめてから

・「おうちデートは、いい人か確かめるまでしない」(33歳/食品・飲料/その他)

・「おうちデートをするには回数を踏んで、お互いのことを知って理解し合わないと先に進むことはできない」(26歳/学校・教育関連/専門職)

夜を共にするということは、女性の場合リスクも背負うことが。そのため11回以上会い、してもいい相手か確かめてから……という女性も。

■4回目で仲良くなってから

・「1回目、食事。2回目、映画。3回目、水族館とかスカイツリーとかで1日中一緒で仲良くなって、次回はお泊まり」(33歳/印刷・紙パルプ/販売職・サービス系)

・「最初は緊張してあまり話せないので、その後数回重ねればだいぶ和んでいると思うので」(31歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

1〜3回目はお互いのことをよく知ったり、ときめきに身を任せたりと忙しい時期。4回目ならやっと仲良くなれて、楽しいお泊まりができそうですよね。

■10回目にならないとお泊まりの覚悟ができない

・「信頼できる関係になり、自分を見せることができるようになれば」(29歳/医薬品・化粧品/技術職)

・「そのくらいしないと、お泊まりまでの覚悟ができない」(28歳/機械・精密機器/事務系専門職)

ただしその場の勢いに乗るのがうまい女性もいれば、勢いに乗るのが苦手だという女性も。「この人なら」と思えるには最低でも10回デートは必要?

■2回目で相手を早めに知っておきたい

・「1回目は様子見。2回目で家に行って相性良ければ毎回。悪ければその後5回に1回」(28歳/その他/販売職・サービス系)

・「1回目はお互いの紹介。2回目に深く知るきっかけとして家に行きたい」(26歳/学校・教育関連/営業職)

相性が悪いとわかったときはなるべく早めに離れた方が、お互い傷が浅く済みそうですよね。2回目で相性を知り、それによって対応を考えたいという女性も。

恋人と何回目のデートでおうちデートOKかは、女性の「恋愛の考え方」によるよう。無難にいくか、慎重にいくか……どちらも良しあしあり悩みどころですよね。彼氏の気持ちと折り合いをつけつつ、ぜひおうちデートのいいタイミングを考えてみてくださいね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年8月にWebアンケート。有効回答数202件。25歳〜34歳の社会人女性)

お役立ち情報[PR]