お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

警察、両親、解雇は当たり前! リアルにあった男女の復讐劇6つ!

ファナティック

手ひどいことをされた人が、加害者側の人間に対して行う復讐劇。ドラマや映画の中で観る分には面白いでしょうが、実際に当事者になったら、面白いなんて言っていられないはず……。時には、その後の人生を大きく変えてしまう復讐劇もあるでしょうからね。そんな復讐劇を目撃してしまった男性たちに、今回はその目撃談を聞いてきました。

浮気をされて会社に……

・「ある浮気をされた女性が相手の男性の会社に乗り込んで、受付で暴れたあげく、オフィスエントランスの窓ガラスを割って大騒ぎになった」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)
・「旦那さんの会社に、不倫した内容のメールを出していた」(27歳/農林・水産/技術職)

浮気や不倫の事実を勤め先にバラされたら、どれだけの影響があるか、社会人ならばみんな大体は想像できることでしょう。下手をしたら仕事を失いかねません。まさに復讐ですね。

ストーカーへ変貌

・「友だちが遊びで捨てた女性が復讐しようとして、LINEの内容をネットにバラしたり、住所や電話番号をバラしたり、すさまじい復讐がありました。それがいつの間にか、女性が家庭ごみを盗んだり勝手に部屋に上がり込んだりストーカーになっていったのでゾッとしました」(26歳/小売店/営業職)

自分は割り切った遊びの関係のつもりだったのに、相手が本気になってしまって……というのはよくあるパターンでしょう。でも、まさか別れた後、ストーカーになるとは思わないでしょうね……。

高額な慰謝料

・「やっぱ、相手の女性に慰謝料を請求して300万円ほど払わせた人。すごい」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)
・「慰謝料を多く払わされた学生時代の友だち」(30歳/情報・IT/技術職)

経済的に制裁を加えるのであれば、とにかく慰謝料しかありません。社会的な名誉を傷つけるよりも、日々の生活を圧迫させる方がスカッとする、という人もいるのでしょうね。

浮気を家族に……

・「実家に乗り込んで、両親にバラした人がいた」(29歳/金融・証券/専門職)
・「浮気相手が彼氏の家に乗り込んできて修羅場になったという話は聞いた。彼氏はその場でずっと正座させられていたらしい」(32歳/学校・教育関連/専門職)

浮気の事実を家族にバラされたら……職場にバラされてしまうよりも、さらにひどい修羅場が待っているかもしれません。最悪の場合は、離婚と慰謝料、養育費などを支払う義務が生まれることに……。

相手のものを……

・「相手のものを壊したりした人がいたと聞いたことがあります」(36歳/学校・教育関連/事務系専門職)

とりあえず手っ取り早く復讐がしたい、とでも思ったのかもしれません。大事なものを壊されたら、誰だって大きなショックを受けることでしょうからね。

職場で……

・「パワハラにあった同僚で、みんなで力を合わせて、上司を退職に追い込んだやつがいた」(35歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

復讐の原動力は、何も恋愛関係だけとは限りません。職場で受けた理不尽な扱いもまた、日々、ふつふつと怒りと憎しみを増幅させるものでしょう。相手に制裁を加えたい、と思っても当然です。

まとめ

復讐は何も生まない、などと言いはしますが、実際に憎しみや大きな悲しみを抱いたら、復讐せずにはいられない、という人も少なくはありません。復讐をしたい、などと思わないで済むように、ストレスフリーな環境に身を置きたいものですね……。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数104件(22~38歳の働く男性)

※この記事は2016年11月27日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE