お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 コーディネート

オバサンかよ! 男性がドン引きした「女性社員の私服」6選

ファナティック

職場の異性の私服を見る機会があると、普段とちがう姿にちょっとドキドキしそうです。特に女性は規定の制服を着なくてはならない会社も多いので、私服とのギャップに余計驚かれることもあるのでは? いいギャップならうれしいですが、ドン引きされてしまうような私服だと残念ですよね。今回は男性のみなさんに「ドン引きした女性の私服」を教えてもらいました。

ジャージ

・「上下ジャージ。しかもシャカシャカ素材の」(36歳/不動産/営業職)

・「ジャージ姿や派手な服装やトンガリ帽子」(38歳/建設・土木/営業職)

普段はキレイめ系で統一している女性が、ジャージに身を包み平然としていたら、さぞやびっくりするでしょうね。お仕事モードとプライベートモードに落差があっても、それを男性社員に見せてしまうのはアウトかも。

フリルが盛り盛り

・「フリルがふんだんに使用されている服を着ていたとき」(31歳/情報・IT/技術職)

・「フリフリの衣装のような私服」(37歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

シンプルな服装を好んで着ているように見えた人が、フリル盛り盛りの服装だったら、そのギャップにかなり衝撃を受けてしまいそう。ちょっとしたフリルなら女性らしくてかわいいですが、あまりにも施されすぎていると男性は引いてしまうかも。

ミニスカート

・「悩殺とも言えるようなミニスカートや薄着で来たとき。知らない人が町中で着てる分にはうれしいが、仕事関係の人にやられると目のやり場に本当に困る」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「ミニスカートでパンツが見えるくらいの人」(27歳/自動車関連/その他)

仕事中は肌の露出は敬遠されてしまうもの。でも仕事を離れてプライベートになったら、別に露出をするのは本人の自由です。しかし、がっつりミニスカートから露出する脚に、男性たちはドン引きしてしまうことも……。

ロリータファッション

・「ロリータファッション。社会人でロリータファッションはやめてほしい」(22歳/運輸・倉庫/その他)

・「ゴシックロリータの服を、普段着として身につけていたのを見たときにはびっくりした」(39歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

個人の好みではありますが、ロリータファッションは世間一般的に見ても個性的ですよね。職場では普通の服装なのに、プライベートではこのような格好を好んでしていたら、それは驚くことでしょう。

キャラクターもの

・「シミがついた犬のキャラクターが大きくプリントされたトレーナー」(39歳/医療・福祉/専門職)

・「キャラクターもののトレーナーしか着ていない女性」(37歳/機械・精密機器/技術職)

オシャレにアレンジされえたキャラクターものの服であれば、さほど問題視されることはないでしょう。しかし特にオシャレというわけでもなかったり、シミで汚れているキャラクターものの服は、あまり受け入れられないでしょうね……。

年齢や時代に合ってない服

・「自分のおばあちゃんが履いてたような柄のスカート」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「少し昭和な感じが出てて古いと思った」(26歳/その他/その他)

ファッションの流行は移りゆくもの。あまりにも高齢っぽい服や、時代錯誤感のある服を着ていると、男性にドン引きされてしまうようです。雑誌やネットなどで流行ファッションを研究して、今どきの服を買ってみるといいかもしれません。

まとめ

職場の気になる男性に私服を見せる機会が巡ってきたら、それは好感度を上げるチャンスでもあります。私服のセンスがよければ、意識してもらえるかもしれません。間違っても「うわぁひどい……」なんて思われないように、プライベートの服装は気をつけたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月9日~11月14日
調査人数:136人(22~39歳の男性)

お役立ち情報[PR]