お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「結婚に至るカップル」と「別れるカップル」のちがい6つ

ファナティック

どれほど長い間付き合っていても、ハッピーエンドを迎えられない恋愛もあるものですよね。恋を成就させられる人もいれば、悲しい結末を迎えてしまう人もいるもの。今回は働く男性に、「結婚に至るカップル」と「別れるカップル」のちがいについて、意見を出してもらいました。

価値観のちがい

・「価値観のちがいに気づくか気づかないかで、それを許せる心の広さを持っているかで決まる」(35歳/小売店/営業職)

・「お互いの価値観を認めようとしなかったりすると、別れる気がします」(36歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

お互いの価値観のちがいを埋めることができなれば、別れることになることもあるもの。相手を認めていくことが、結婚へつながる道かもしれませんね。

距離感を保つ

・「お互いにいい距離を保っているカップル」(30歳/建設・土木/技術職)

・「干渉とかしないで、ほどほどの距離感を保つことができる。カップルが結婚に至って、べたべたすると熱が冷めるので別れる可能性ありなので。そのちがい」(38歳/その他/その他)

あまりにも相手を干渉しすぎてしまうと、一緒にいるのもウンザリされてしまうこともありますよね。毎日一緒にいても大丈夫だと思われるには、ほどよい距離感を保つことが大切なのかもしれません。

思いやりがある

・「相手を思いやる気持ちがあるかどうか」(36歳/運輸・倉庫/その他)

・「相手を思いやって常にやさしい気持ちでいられるか」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

相手に対する思いやりは、どんなときでも失わないようにしたいもの。いつも一緒にいるからといって甘えてしまうと、思いやりの気持ちを忘れてしまうかもしれませんね。

タイミング

・「タイミングや付き合ってるときの年齢が結局一番の決め手なのかも」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「タイミングや、やりたいことのちがい。優先順位が、彼女なら結婚、仕事や将来叶えたいことなら、別れの可能性は出てくると思う」(31歳/建設・土木/営業職)

結婚には二人の気持ちだけでなく、タイミングも大切になってくるものではないでしょうか。二人の結婚のタイミングが合えば、どんなときでも結婚することになりますものね。

将来を考えている

・「将来のことをお互いが考えているかどうか」(25歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「子どもがほしいなど先まで見ている人は結婚までいくんじゃないでしょうか? 今を楽しんでいるような人はそのときの感情だけで行動すると思うので続かないと思います」(31歳/通信/技術職)

ちゃんと将来のことを、二人とも考えているかどうかで、結婚するかどうかは変わってくるかもしれませんね。一方だけが将来のことを考えていても、結婚までは考えられないかもしれません。

性格が合うかどうか

・「性格が合っているかどうか」(32歳/情報・IT/営業職)

・「性格が合う人は結婚する、会わないと無理」(35歳/運輸・倉庫/営業職)

単純なことかもしれませんが、お互いに性格が合うかどうかは大事なことですよね。同じところで笑いあえるような人だと、理想的なのではないでしょうか。

まとめ

二人が結婚に対して、同じ方向を見ていないと、結婚するのは難しくなってくるかもしれませんね。結婚を意識しているなら、早めに相手と話をしておくのも必要になってくるのでは。お互い結婚の意志があるかどうかは、確認しておくことが大事ですものね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月11日~2016年11月14日
調査人数:365人(22~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年11月23日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE