お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

あんた今日からイタ男ねっ!! 自分をイケてると思っているイケテナイ男の言動6つ!

ファナティック

勘違いをしている人ほど、恥ずかしく見えるものはありませんよね。特に自分をカッコいいと思いこんでいる男性は、痛く見えてしまうものです。女性が思う、自分をイケてると思っている男性のよくする言動をまとめてみました。

鏡を見る

・「鏡をよく見る、とんがった靴を履いてる」(23歳/医療・福祉/専門職)
・「鏡をめっちゃ見る。髪の毛いじりまくったり」(29歳/その他/その他)

いつも鏡を見ている男性は、自分のことをイケていると思っていそうですよね。どんな角度が一番カッコよく見えるなんてことを、よく研究していそうです。

自慢話が多い

・「自慢話をよく話す人。自意識過剰な感じがするので、イケてると本人は思っているのだと思います」(31歳/運輸・倉庫/事務系専門職)
・「自分の自慢話ばかりする。自分基準」(29歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

自分の自慢話ばかりする相手には、正直、ウンザリすることもあるもの。自分に自信があるからこそ、自慢話を繰り返しているかもしれませんね。

自撮りをSNSにアップする

・「自撮りが多かったり、自分の画像をLINEやTwitterに載せている」(28歳/学校・教育関連/販売職・サービス系)
・「SNSへの自撮り写真のアップ。やたら髪を触る」(34歳/情報・IT/技術職)

最近はSNSを利用している人も多いですが、中でも自撮りをアップしている人を見ると、引いてしまうこともあるのでは。いきすぎると、ナルシストにしか見えませんものね。

髪の毛を触る

・「髪の毛をしょっちゅう触る。髪型をキメてるつもりで風に吹かれると形が崩れるらしく、直すのに触るから」(25歳/医療・福祉/専門職)
・「髪の毛をよく触るなど、容姿に異様な執着を持つ人」(24歳/学校・教育関連/専門職)

自分の髪型を常に気にしている男性もいますよね。自分がイケていると思うからこそ、常にキメていたいと思っているのかもしれません。

武勇伝を語る

・「やたら自分の過去の武勇伝を語り出す」(29歳/その他/販売職・サービス系)
・「昔悪かった自慢。美人な子やかわいい子にばかり話しかける」(32歳/学校・教育関連/専門職)

昔の武勇伝を語る男性も多いもの。やんちゃな過去があると聞いても、あまりイケているとは思えないかもしれませんね。

まわりを見下す

・「自分が興味ない人には冷たい態度。モテると思って差別してる」(23歳/自動車関連/事務系専門職)
・「まわりを見下した発言をする、高級なものを身につけていてそれを簡単に手に入れたような自慢をする」(23歳/情報・IT/技術職)

まわりを見下している男性は、自分の中で順位づけをしているかもしれませんね。自分が上位にいると思うからこそ、人を見下した態度をしてしまうのでは。

まとめ

本当にイケメンであればいいですが、中には「惜しい!」と思う男性が、イケメンぶっていることもありますよね。自分のことを磨くのは良いことですが、あまりいきすぎてしまうと、ただのナルシストにしか見えないこともあるもの。イケメンと思いこむのは、できればほどほどにしてほしいですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年11月にWebアンケート。有効回答数189件(22~34歳の働く女性)

※この記事は2016年11月21日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE