お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

期待しちゃうぞ! 男性がその気になる「女性からのLINE」6

ファナティック

連絡手段として身近なもののひとつであるLINE。テキストだけでなくスタンプや画像、動画なども送れるので電話やメールよりも気持ちを伝えやすいという人も多いですよね。今回は、女性とLINEをやり取りしていて「ついその気になってしまう瞬間」について男性たちに聞いてみました。

やっぱり、ハートマーク!

・「普段送られてくることのない、ハートの絵文字や、スタンプが送られてくる」(22歳/小売店/事務系専門職)

・「ハートなどをいっぱい使ったLINE」(37歳/その他/その他)

男性にとって特別なものであるハートマーク。女性からハートマークが送られてくるだけで、いろいろな期待をしてしまう男性も多そう。

甘えられる

・「甘えてきて、いますぐにでも会いたいみたいな感じ」(39歳/小売店/販売職・サービス系)

・「会いたいというような直接的でない表現」(38歳/建設・土木/技術職)

・「狙ってか狙わずか、LINEのときだけ妙に甘えん坊になる女性の友人。誘っているのかなと勘違いしそうになる」(39歳/建設・土木/技術職)

短いけれど女性に甘えられていることがわかる「会いたい」という言葉。実際に会いに行ける時間なら飛んでいきたいという気持ちになる男性もいるかも。会いたいと思ったときには、素直に言葉にしたほうがよさそうですね。

誘われ待ち

・「『ヒマだなぁ』のような誘われ待ちのメッセージ。チャンス! と思ってしまう」(25歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

・「今日はひとりで……って言われると気になる」(36歳/学校・教育関連/その他)

自分からは誘わないけれど、明らかに男性からの誘いを待っている「誘われ待ち」なメッセージ。男性が誘いやすいように話を仕向けてくれているなと感じられる内容には、そこに乗っかるチャンスと張り切ってしまう男性もいるようです。

自宅に誘われる

・「家に来てと誘ってくれる、今からデートしようと誘ってくれる」(39歳/自動車関連/技術職)

・「今日家泊まりに来る? お酒も持ってきて」(30歳/電機/その他)

女性が男性を家に誘うというのは、少なくとも嫌いな相手ではないし、どちらかといえば好意のある相手なはず。カップルではないのに、女性の家に誘われたら「これはイケる!」と思う男性も多いでしょうね。

好き!

・「好き好き好きーー!! って連発のメール」(24歳/建設・土木/営業職)

相手が自分のことを好きだな、自分を誘っているなとわかる直接的な内容のLINEをくれたら、男性は自信を持ってその女性にアプローチできるようです。相手からの好意が伝わるLINEをもらうだけでもうれしいという人は少なくないでしょうね。

思わせぶり

・「会ったら帰りたくなくなるかもなど思わせぶりなことを言われたとき」(29歳/その他/販売職・サービス系)

・「酔っ払ったら帰れないかもー的な連絡が入ったとき」(22歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

女性自身も照れているのか、それとも焦らされているのか。思わせぶりなLINEでいろいろな期待をしてしまうという男性も。次のデートはお泊まりできるかも、彼女もそれを期待しているのかもと考えるだけでムラムラする人もいるみたいですよ。

まとめ

面と向かってや電話では言いづらいことも言いやすいのがLINEのいいところ。いつもなら恥ずかしくて口にできない言葉もLINEならサラッと送れたりしますよね。ただ、表情が見えないだけに誤解も生みやすいので、どんな内容で送るかは注意が必要かもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年11月8日〜11月10日
調査人数:324人(22歳〜39歳の働く男性)

※この記事は2016年11月19日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE