お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

イケメンでもお金持ちでもない! 女性が本当に望んでいる「結婚相手」はこんな人!

ファナティック

もしも自由に結婚相手が選べるとしたら……どんな人を選びたい? 暇な時間につい考えてしまう「理想の結婚相手」について、社会人女性にこっそり教えてもらいました。こんな人が現実にいれば……。

ほどよい収入で、安心して生活できそうな人

・「思いやりがあって優しく、一緒にいて安らぐ人。収入はそれほど高くなくても良いから安定していて生活するのに困らなければ良い」(30歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「価値観が合う人、生活が安定していて将来、困らずに暮らせる人」(34歳/医療・福祉/専門職)

ぜいたくさせてほしいとは言わないけれど、できれば自分が子どもを産むときに仕事を休める位の「安定した収入」が相手にあれば安心ですよね。普通の暮らしが実は一番難しい!

自分が本気で好きになれる人

・「自分が好きになった人。『この人の遺伝子を残したい!』と思った人。この人となら、少し自分が損してもいいかな〜と思える人」(34歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

・「私だけを愛してくれて、大事にしてくれて、私が愛する人。この人は何があっても裏切れないって、信じてみようって思える人」(34歳/医療・福祉/専門職)

どんなに苦労しても、どんな危機が訪れても乗り越えていけそうなのが、心から好きだと思える相手。色んな条件を考えると後回しになりやすいですが、実は一番大切な条件かも?

お互いの弱いところを支え合っていける相手

・「お互いに弱い部分を理解した上で支えあっていけるような人」(30歳/医療・福祉/技術職)

・「うれしい事は一緒に喜んで2倍にしてくれて、嫌な事はそっと寄り添って半分にしてくれる人」(33歳/その他/販売職・サービス系)

長い人生、きっとさまざまなツライことや苦しいことがあるはず。そんなときに補い合える人がそばにいれば勇気100倍ですよね。2人でいればどんなことでも乗り越えていけそう。

波長が合い、自然体でいられる人

・「波長が合う人。空気みたいな存在でもいい」(26歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「一緒にいて、頑張らなくてもいい人。私は、好きな人に尽くすタイプでしたが……尽くしすぎて疲れてしまうことが多く、尽くしたり頑張ったりしなくても、ありのままの私を受け入れくれる人です」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

どこにでもいるような気がするけれど、見つけるのが意外と難しい「波長が合う人」。ありのままの自分を受け入れてくれて自然体で一緒にいられる人は、なかなか得難い存在ですよね。

お互いを尊敬しあえる人

・「私の価値観を否定せず、自分の価値観も大事にして、歩み寄ろうとしてくれる人。尊敬できるところがある人」(34歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「お互いの人生を尊敬し、個性を殺すことをよしとしない関係」(30歳/運輸・倉庫/営業職)

2人の仲に亀裂が入ったときに、「もう一度やり直そう」と思えるのが尊重し合える相手。お互いの違いを認め合える人なら、ささいなすれ違いで離婚……なんてことにはならなさそう?

出会う人を選ぶのは難しいけれど、欲を言えば「こんな人と出会えて、結婚できたら……」なんてつい考えてしまいますよね。上記のような人と偶然巡り合えて、見事結婚までたどりつけたなら、絶対に相手のことを手放しちゃダメかも!?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年6月にWebアンケート。有効回答数205件(25歳〜34歳の社会人女性)

※この記事は2016年11月14日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE