お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

やべっ! 男性が「俺ってマザコン?」と思う瞬間・6選

ファナティック

母親を大事にするのはいいことですが、自分の彼氏と母親の仲がよすぎると女性としては「マザコン?」とちょっと不安になってしまいますよね。今回は、男性たちが自分自身をマザコンかもしれないと感じるのはどんなときなのかについて聞いてみました。

困ったときに浮かぶのは母親の顔

・「何か難しい問題にぶつかった際、真っ先に相談をするのは母親のような気がします。もちろん問題の内容にもよりますが、人生経験が豊富ではあると思っているので、人間関係の問題ではそのような傾向が強いと思います」(28歳/その他/その他)

・「酔って苦しくなり寝込んだとき、真っ先に母親の顔が浮かんだとき」(32歳/その他/その他)

何か問題があったとき、病気になったときなどに頭に浮かぶのは母親の顔。親として頼りにしているのはもちろん、人間としても先輩である母親は、人生相談の相手としてぴったりかもしれませんね。

仲よく出かける

・「今でも母と2人で映画を見に行ったりしているとき」(28歳/金属・鉄鋼・化学/その他)

・「仲がよすぎるのかなぁと感じてしまったとき、周囲の人はどう思っているのか気になる」(36歳/その他/その他)

ある程度の年齢になると母親と一緒に出かけることを恥ずかしがる男性もいますが、社会人になってからも変わらず母親と二人で出かける人も。ただ、周囲の人からどう見られているかは若干不安に思っているようですね。

おふくろの味が恋しい

・「彼女のご飯よりも母親のご飯のほうがうまいと思ってしまうとき」(39歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「彼女の料理を食べると母親の料理を思い出しちゃうとき」(27歳/その他/その他)

男性にとっては子どものころから慣れ親しんだ味が母親の作った料理。彼女がどんなに料理上手だとしても母親の料理には勝てないと思ってしまう男性も。でも、これを正直に彼女に伝えると大問題になりそうですね。

母親に相談したくなる

・「母親についつい確認してしまう癖が抜けない」(32歳/その他/その他)

・「離れて住む母親にアドバイスを求めたくなるとき」(38歳/運輸・倉庫/営業職)

何かをする前には母親に確認をする癖があるという男性も。親として絶対に自分のためになるアドバイスをくれるという安心感があるのでしょうが、こういう彼氏だとちょっと頼りないと思う女性もいるかもしれませんね。

男はみんなマザコン

・「男はみんなマザコンだろ、彼女とか妻とかに求めるものはいっしょ」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「男の人は基本的に全員マザコンだと思う」(34歳/その他/クリエイティブ職)

どこがマザコンと特定できるものでなく、男性は基本的にマザコンだという意見の男性も。女性に求めるものの基準はすべて母親。すべての男は彼女にも妻にも母親像を求めているということみたいですね。

とにかく母親が大事

・「とにかく母親を大事に思っている」(35歳/医薬品・化粧品/営業職)

・「定期的に母親の様子を見に行くとき」(38歳/金属・鉄鋼・化学/営業職)

離れて暮らしていても母親のことが心配で仕方ない。息子として当然と言えそうですが、それを表に出さない男性も多いだけに母親を気にかけている自分をマザコンだと感じる男性も少なくないのかもしれませんね。

まとめ

自分自身がマザコンだと素直に認めている男性、まわりの目をちょっと気にしている男性。悪いことではないはずなのに、恥ずかしさを感じてしまうのは、マザコンに対していいイメージを持たない人が多いせいかも。確かに、女性としてはいつも母親にベッタリな男性と付き合ったり、結婚したりすると困ることもありそう。親を大事にしてほしい気持ちと女性としての自分を大事にしてほしい気持ちの板挟みになる女性も多いかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月20日~2016年10月26日
調査人数:391人(22~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年11月12日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE