お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ひぇぇ! 男性が、思わず同情した「不倫男」の顛末12

ファナティック

不倫は悪いこと、いろいろな人を不幸にするとわかっていても、不倫をする人は後を絶ちませんよね。不倫の末に不幸になったとしても自業自得と思われることがほとんど。ただ、あまりにもかわいそうすぎると同情の余地もあるかも。今回は、男性たちが同情したくなった不倫男の顛末について聞いてみました。

会社で修羅場

・「会社に相手が乗り込んできて、みんなの前でばらされたこと」(33歳/運輸・倉庫/その他)

・「奥さんが会社に乗り込んできて修羅場になった」(32歳/その他/事務系専門職)

不倫相手や妻が会社に乗りこんでくるというのは、ドラマなどでもよく見かける修羅場シーン。不倫がバレてしまうのはもちろん、女性にやりこめられる姿をみんなに見られるのも恥ずかしいでしょうね。

すべてを失った

・「家族やお金を失ったこと」(38歳/マスコミ・広告/営業職)

・「離婚・リストラ・借金まみれになった男」(39歳/その他/事務系専門職)

不倫の結果、リストラされ、離婚され、慰謝料も取られてすべてを失ってしまう。不倫する時点で想像できる結末ですが「自分だけは大丈夫」という気持ちがあるからこそ不倫してしまうのでしょうね。

最終的にひとりきり

・「結局ひとりになってしまった」(35歳/その他/その他)

・「両方に捨てられてしまう」(32歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

不倫がバレて妻の元に戻ろうとしても戻れず、不倫相手にも捨てられる。二人の女性をうまく手玉に取っていたはずの男性自身が最終的にひとりきりに。どちらの女性にも愛想を尽かされるというのは、同性としてかわいそうな気がするのでしょうか。

妻も不倫していた

・「不倫がバレて、犬以下の扱いを受けた挙げ句、嫁も不倫していたのに、離婚され慰謝料、養育費を払わされ、生きた屍の様になった」(39歳/その他/販売職・サービス系)

・「奥さんも不倫をしていた。ドロドロすぎて哀れ」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

妻に隠れて不倫していた夫の立場から、妻に不倫された夫の立場に。妻からの仕返しなのか、不倫したことで愛想を尽かされたのかはわかりませんが、あまりの泥沼っぷりにどちらに同情していいのかわかりませんね。

周囲の人に無視される

・「職場で不倫して、周囲は気づいているため、無視されている」(34歳/医療・福祉/専門職)

・「やっぱり、その結果皆に嫌われて下種な奴と思われている人」(39歳/学校・教育関連/事務系専門職)

不倫をしたことで信頼を失くしてしまうのは仕方のないこと。特に職場内での不倫は周囲からも冷たい目で見られそうですよね。仕事がやりづらくなるのは同情の余地アリかもしれませんが、やはり自業自得といえるかも。

妻にも責任がありそうなとき

・「相手の女性があまりにもだらしないと、不倫もされてしまうよ! と思います」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「奥さんが料理や家事をしない人だった場合は同情してしまう」(34歳/その他/クリエイティブ職)

男性から見ても「その妻だと不倫したくなる」と思える場合は、不倫した男性に対する同情心もわいてくるようです。不倫自体は悪いことながら、妻にも少しは責任があると感じるようですね。

まとめ

不倫の結果、自分自身もボロボロになった男性たち。同情するという声もあるものの、やはり同性同士であっても不倫するほうが悪いということで当然の報いだとしか思えないという意見もありそう。どんな理由があったとしても、不倫をすることで失くすものは大きいというのは誰もがわかっていること。そのうえで不倫をしたのなら、責められることはあっても同情する必要はないのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月20日~2016年10月26日
調査人数:391人(22~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年11月11日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE