お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

邪魔すんなっ! 男性が「コイツといたら出世できねぇ」と思う女6パターン

ファナティック

彼氏の仕事が忙しくて会えない日が続くと、ストレスもたまり、つい相手に当たってしまうこともありますよね。でもあまりにもワガママがすぎると、彼の仕事に影響を与えてしまうことも。そこで今回は、働く男性たちが「コイツといたら出世できない」と思う女性の特徴を、こっそり教えてもらいました。

(1)「仕事と私どっちが大事?」と聞く女

・「仕事より自分を選ぶことが愛の証だと勘違いしている」(39歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「『仕事と私どっちが大事?』と聞いてくる女性」(33歳/医療・福祉/専門職)

定番の二択とも言えそうですが、「仕事と私、どっちが大事?」と聞かれると困ってしまう男性は多いのではないでしょうか。彼女は大切ですが、仕事をおろそかにしていると、出世どころではなくなりそう。男性にとって、この2つは比較対象にならないのです。

(2)自己中な女

・「自分のことばかりで理解をしてくれない」(26歳/その他/その他)

・「自己中心的で相手のことを気にせず行動する人」(22歳/その他/販売職・サービス系)

あまりに自己中心的な女性だと、男性は疲れてしまうのかもしれません。彼女は大切ですが、男性にはほかにもしなければならないことがありますよね。自己中な彼女に付き合っていては、やらなくてはいけない仕事にまで手がまわりません。

(3)束縛が激しい女

・「束縛が激しい。仕事より彼女を気にしそう」(37歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「いつでも束縛してきて、自分のことばかりしか言わない女性」(39歳/その他/その他)

束縛の激しい女性だと、プライベートはまだいいとしても、仕事にもいろいろと影響が出てきそうですね。仕事の付き合いにまで口出しをして、「それは行っちゃダメ!」などと制限されてしまっては、交友関係が狭まるばかり。出世には、こんな人脈もかなり関係しますもんね。

(4)だらしがない女

・「だらしがなく身のまわりのことができない女は無理です」(31歳/その他/営業職)

・「だらしのない女性。支えてもらえなそう」(38歳/その他/販売職・サービス系)

身のまわりのことさえできない、だらしない女性が彼女だと支えてもらうことは難しそう。出世を目指して外で戦う男性にとって、自分を親身に支えてくれる内助の功の存在は重要。何も任せられない女性は、出世を阻む存在でしかないですよね。

(5)お金遣いが荒い

・「金遣いが荒い女性は絶対に出世できない」(34歳/情報・IT/技術職)

・「お金の遣い方がだらしなく、一緒にいると精神まで侵食されてしまいそう」(35歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

お金遣いが荒い彼女がいると、どれだけ働いても、すぐになくなり貯めることはできないですよね。いくら稼いでも同じであれば、仕事のやる気もなくなってしまうかもしれません。そういった面で、こちらも男性の出世に大きな影響がありそうです。

(6)口が軽い女

・「すぐに人の陰口や噂話をして、誰にでも話す」(38歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「噂話が好きで、周りの意見に流される女」(37歳/医療・福祉/専門職)

噂話は職場がちがえば一見関係ないように思えますが、巡り巡って彼の仕事の邪魔になってしまう可能性も。口は災いの元であることを念頭に入れ、悪口や陰口は慎んだほうがよさそうです。

<まとめ>

収入を増やすには、出世をしなければならないですよね。男性としては、恋愛も仕事も“バランスよく”がいいのですが、彼女の存在によっては仕事がおろそかになることもありそうです。男性にはかまってもらいたいですが、仕事もがんばってもらいたいもの。ときには自分の欲望をグッと我慢して、相手を支える存在になりたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月6日~2016年10月7日
調査人数:328人(22~39歳の男性)

※この記事は2016年11月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE