お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「私ってメンタル弱いかも」と思ってしまう瞬間・5選

ファナティック

精神的に強いか弱いかというのは、もともとの性格なので自分ではなかなか変えられませんよね。もう少し強くありたいと思っても、思い通りにはいかないメンタル面の弱さ。そこで今回は社会人女性が「メンタルが弱いかも」と感じたエピソードについて、聞いてみました。

参考記事はこちら▼

あなたのメンタルは豆腐のようにボロボロになりやすい? メンタルの強度を診断します。

すぐ泣いてしまう

・「ちょっと意見のちがうことを言われると、泣いてしまうこと」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

・「上司から怒られたら、一瞬にして泣いてしまったこと」(33歳/情報・IT/事務系専門職)

決して、泣けば許されると思って泣いているわけではないのにすぐに涙が出てしまう。悔しさや悲しさだけでなく、自分自身のふがいなさを感じたときにも、泣きたくなるという女性は少なくないかもしれませんね。

嫌な気分を引きずる

・「嫌なことがあるとズルズル引きずってしまう」(35歳/運輸・倉庫/事務系専門職

・「自分の言ったことに後悔をしてしまい、何日か引きずってしまうところ」(35歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

嫌なことがあったとき、パッと憂さ晴らしをして気分を切り替えられればラクなのに、と感じている女性も多そう。ずっと嫌な気分を引きずるとこで、さらにマイナスの運気を呼び込んでしまうということもあるかもしれませんね。

人の顔色をうかがってしまう

・「人の顔色をうかがって、行動してしまうところがあること」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「ちょっとした人の態度で、気分が沈み込んでしまいます」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

人の気持ちを考えて行動するのはいいことですが、人の顔色をうかがってばかりでは疲れてしまいますよね。たまには、自分の思った通りに行動してもいいと、自分を解放してあげることも大事かもしれませんよ。

周囲に影響されやすい

・「すぐに自分で決めたことなのに、揺らいでしまう」(30歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「すぐクヨクヨしてしまう。周囲からの影響も受けやすい」(33歳/不動産/専門職)
一度決めたこともすぐに気持ちが揺らいでしまったり、人の意見に左右されてしまったり。素直なことはいいとしても、意見がコロコロ変わる人として信用を失くしてしまうこともあるかもしれませんね。

緊張しやすい

・「本番になると、緊張して頭が真っ白になってしまうこと」(26歳/建設・土木/事務系専門職)

・「緊張すると手汗が出てくるとき、本能的にメンタルの弱さを感じる」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

程よい緊張感というのは、自分の本来の能力以上の力を発揮するためにも必要。でも、緊張しすぎるとそれが失敗につながることもあるので、緊張し過ぎはよくないのかも。

心配で眠れなくなる

・「会議の前に眠れないとき。発表があるときは、眠れなくなってしまうから」(29歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「仕事などでミスしたことを寝るときにも思い返して、なかなか眠れないとき」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

大事な仕事の前に眠れなくなる、失敗したことをクヨクヨと悩んで眠れなくなる。こういう経験がある人も多そう。失敗を反省したり、緊張感を持つことは悪いことではありませんが、考えすぎると自分自身がツラくなりそうですね。

まとめ

さまざまな意見に挙げられたように「メンタルが弱い」と感じたことがある女性は多いようです。誰しも1度くらいは、仕事やプライベートで同じような経験をしたことがありますよね。自分だけが弱いのではないと思えるだけでも、少しは気がラクになれる人もいるでしょうし、弱いことは特に恥ずかしいことではないはず。人のことを思いやれるデリケートな気持ちを持っているほうが、よりいろんなことに気づくことができるのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月19日~10月30日
調査人数:134人(22歳~34歳の女性)

※この記事は2016年11月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE