お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

男性が考える「人妻」の魅力・6つ

ファナティック

ちょっとセクシーな響きもある「人妻」という言葉。単に既婚者というだけでなく、人妻になったからこそ男性にアピールできる魅力が出てくる女性もいるようです。今回は男性たちが感じる「人妻」ならではの魅力についてアンケートを取ってみました。

背徳感

・「自分の意見ではないが、言葉は悪いが、誰かのものをという背徳感がいいと聞いたことはある」(35歳/その他/その他)

・「背徳の美。してはいけないことをさせたくなる」(36歳/電機/技術職)

夫という存在がいるから自分には手が出せない女性。そう思うことが人妻の魅力を高めているという男性もいるようです。してはいけないと言われるとしたくなるというのは、人間の心理ですよね。

大人の色気

・「色っぽいところ。普段隠された性の部分があらわれたときはかなり色っぽい」(33歳/商社・卸/営業職)

・「男に対する余裕と色気。それでいてどこか物足りない顔をしている」(39歳/医療・福祉/専門職)

結婚したことで男性に対する余裕ができて大人の女性になる。人妻には、同年代の女性でも未婚だと出せない色気があるという男性も。貞淑な妻としての顔に隠された色気がたまらなく魅力的なようですね。

家族を持った強さ

・「家庭を持っているので考え方がしっかりしているところ。家計をしっかり管理しているところは魅力的だと思う」(34歳/商社・卸/営業職)

・「子どもがいたりすると、責任や重圧などにさらされて、それが逆に強い人間にしている」(39歳/ソフトウェア/営業職)

家庭を支えているという強さ、家族に対する責任を持っている人妻のしっかりしたところが、女性としての魅力にも繋がるようです。妻として母としての力強さは、女性を輝かせてくれるのでしょうか。

献身的な姿勢

・「家事や生活、家族などの濃密な人間関係からくる苦労があっても屈さないこと。自分の時間を犠牲にして他者に尽くすその在り方に敬意を表する」(38歳/学校・教育関連/技術職)

・「夫に対する献身的な姿勢。夫の人生を共に歩んでいこうという決意を感じさせるところが魅力的」(36歳/学校・教育関連/その他)

夫や家族への愛情、献身的な姿勢が人妻としての魅力だという男性も。女性に対する下心というよりは、人妻となった女性に対する感嘆といったところかも。自分にもこんな妻がいればという気持ちにもなるのでしょうね。

情の深さ

・「懐が深いというか……、相手を受け入れるキャパがあるのだと思う」(38歳/その他/営業職)

・「包容力があって過去の経験から理解力がある。多少のことは許してくれる気がします」(36歳/建設・土木/その他)

恋人同士として男性と付き合っているときよりも相手を理解して、お互いに許しあうことが不可欠な結婚生活。人妻にはそれに耐えられるだけの情の深さや相手を受け入れる器の大きさがあるということですね。

落ち着き

・「結婚していることの余裕が、独身女性にはない自信に繋がって魅力を感じる」(33歳/その他/その他)

・「年齢を経ることによる落ち着き。キャピキャピしない」(32歳/情報・IT/技術職)

自分には夫がいるという安心感、誰かに選ばれた存在という余裕。人妻からにじみ出る落ち着きが魅力的だという男性も。若い女性の元気さよりもしっとりとした大人の雰囲気が好きという人には、人妻が魅力的に思えるのでしょうね。

まとめ

人妻というだけで恋愛対象外、魅力も感じないという男性もいるでしょうが人妻ならではの魅力に引き寄せられる男性も少なくなさそう。もちろん、人妻との恋愛は許されないことなので行動を起こすことはないでしょうが、ほのかなあこがれの気持ちは持っているようです。人妻の落ち着きや余裕、献身的な態度は男性にとって異性としても理想の妻としても魅力的なのでしょうね。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月18日~2016年10月20日
調査人数:392人(22~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年11月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE