お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

覚えてらんねぇ~! 男性が、正直面倒くさいと思う「カップルイベント」・6つ

ファナティック

お互いの誕生日やクリスマス、バレンタインデーなどカップルのためのイベントになる日はいろいろ。自分たちにとって大切な日にデートをするのも恋人がいる幸せを実感できる瞬間ですよね。でも、男性の中にはそれを面倒だと思っている人も。今回は、面倒だと思うカップルイベントについて男性たちに聞いてみましょう。

彼女が決めた記念日

・「なんでもかんでも記念日化されるとしんどい」(35歳/その他/その他)

・「記念日は面倒くさいと思います。1年記念日を忘れて怒られたときにそう思いました」(22歳/小売店/販売職・サービス系)

一般的に言われるカップルのための日以外にもいろいろと記念日を作りたがる女性も多いですよね。初キスの日、初お泊まりデートの日など何かをするたびに記念日にされること自体を面倒に感じる男性は少なくなさそうです。

バレンタイン・ホワイトデー

・「バレンタインとホワイトデー。もらったものに対して、お返しのほうが高額になる」(36歳/建設・土木/事務系専門職)

・「バレンタインデーとホワイトデー。チョコなんて別にいらないし、それでいてがっつりお返しを要求されるから面倒くさい」(39歳/建設・土木/技術職)

告白のきっかけに使われることも多いバレンタイン。でも、実際はチョコがほしいと思わないしホワイトデーのお返しが負担だから面倒だと思う男性も。最近は3倍返しとも言われるホワイトデーにビクビクしている男性もいるでしょうね。

クリスマス

・「クリスマス。イルミネーションを人混みに見に行くのがつらいし、寒いのがきつい」(37歳/その他/その他)

・「クリスマスイブとクリスマス。2日続いてイベントは面倒」(31歳/その他/その他)

クリスマスイブとクリスマス。カップルにとっては一年の内でもかなり大きなイベントですが、どこに行っても人混みで大変なので実はデートするのも面倒だと思っている男性も。お家デートでまったりなら面倒くさい気持ちも少しはマシかもしれませんね。

誕生日

・「相手の誕生日。こちらがすべて段取りするので。相手は何でもいいよとか言うが、期待はしてると思う」(38歳/その他/営業職)

・「自分の誕生日のお祝いをすること。相手のはしたい」(32歳/学校・教育関連/その他)

忘れているとカップルの別れの危機にもなりそうな誕生日。お祝いしたい気持ちはあってもプレゼント選びが面倒だという人は多いかも。何でもいいよと言われると、逆に何も選べなくなるのでしょうね。

全部面倒くさい

・「すべてのイベントは面倒。普通がいい」(28歳/学校・教育関連/その他)

・「正直言えばどれも面倒くさい。誕生日だのクリスマスだの、日本はイベントが多すぎる」(33歳/その他/事務系専門職)

彼女がいろいろな記念日を楽しみにしているのはわかるけれど、正直どのイベントも面倒だという男性もいるようです。何かを祝うというよりもお祭り騒ぎに乗せられているというのが嫌なのかもしれませんね。

小刻み過ぎる交際記念日

・「付き合って○○日など。多すぎて面倒くさいし、女々しい」(34歳/商社・卸/事務系専門職)

・「『付き合ってから〇〇日目記念』のようなイベント。マメに日数を数えるタイプではないので、正直知らんがな感が強い」(22歳/その他/その他)

カップルの独自イベントの中でも一般的な交際記念日。でも、付き合ってからの期間を細かく日数ごとに祝うのはやり過ぎだと思っている男性も。忘れていて彼女に叱られるのも嫌なのでしょうね。

まとめ

女性とはかなり温度差のありそうな男性のカップルイベントに対する考え方。もちろん、男性でも誕生日やクリスマスを楽しみにしている人は多いでしょうが、プレゼントや特別なデートプランを要求されることにつかれている男性は少なくないかもしれませんね。カップルイベントは、二人でお祝いしたり、二人で楽しむための日。あまり乗り気でない彼でも楽しめるような日にしてあげるのも彼女としてのやさしさかもしれませんよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月18日~2016年10月20日
調査人数:392人(22~39歳の社会人男性)

※この記事は2016年11月09日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE