お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

全っっっ然うらやましくない友人・知人のカップル6

ファナティック

自分に恋人がいない状態だと、周囲の友人・知人から彼女とのことを見聞きしたりして「羨ましいな」と感じがちになりますよね。でも、中には「全然その恋人、羨ましくない……」なんてドン引きしてしまうことも。今回は男性目線で、「全然羨ましくない」と思う「彼女」について、働く男性たちエピソードを語ってもらいました。

わがまま

・「美人だけれど、わがまま」(34歳/学校・教育関連/専門職)

・「女性が強いカップル」(34歳/電機/技術職)

女性のほうの我が強すぎて、男性側がそのわがままに付き合わされている状態……。こういうカップルも世の中には少ないでしょうね。お互いに譲り合えるカップルこそ理想のはず。

お金が掛かる

・「かわいいけど、お金のかかる子」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「無駄遣いが多くて出費がかさむ」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

一緒にいる時間がどんなに楽しかったとしても、お金が飛ぶようになくなってしまうのだとしたら、交際を続けていくことも考えものでしょう。はたから見ていても「考えたほうがいいんじゃない?」と思わず言いたいですね。

束縛が激しい

・「四六時中電話がかかってくる」(38歳/自動車関連/事務系専門職)

・「彼女と起きたら連絡、仕事が終わったら連絡、寝るときに連絡とか何かあるごとにメールやLINEをするくらいに頻繁に連絡を取り合っているとアピールされることがあるけど、もし自分だったら頻度が高すぎて疲れるし迷惑に感じるかもしれないと思う」(39歳/金融・証券/営業職)

相手のことは好きで好きで仕方がないのかもしれませんが、激しすぎる束縛は恋人を苦しめるだけです。その苦しみに気付かない彼女というのは、ちょっと遠慮したいものですよね……。

不倫

・「社内で不倫した人がいるけど、全然うらやましくない」(33歳/小売店/事務系専門職)

まっとうな恋ではなく、不倫中の話を聞いても、羨ましいとは思えないでしょうね。むしろ、「さっさと別れたほうがいい」と助言してしまうはず。将来的にトラブルになることは目に見えています。

浮気性

・「彼女が金持ちだけど浮気性」(37歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

愛しているからこそ、浮気をされているけど許してしまう、なんて人も世の中にはいるでしょうが、これは決して健全な恋人関係とは言いませんよね……。浮気していると分かっている彼女と一緒にいることは、ストレスもあるでしょうし、幸福感とは程遠いものを感じます。

ケンカが多い

・「会う度にケンカばかりしている友達の彼女を見たときに、そんな彼女だったら別れたほうがよくないかなと思って全然羨ましい気持ちにならなかった」(37歳/情報・IT/技術職)

「ケンカするほど仲がいい」なんて言いますが、ケンカにも度合いがあります。あんまりにもケンカが多いカップルを見て「自分もあんな風に仲よくなりたい」とはなかなか思わないでしょう。

まとめ

幸せなカップルというのは、誰がどう見ても、きっと幸せな空気が二人を包み込んでいるはず。「全然羨ましくない」なんて思われことはないでしょう。恋人のことを大事にして、周囲の人から「あんな子を彼女にできるなんてうらやましい」と言わせてみせましょうね!

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年10月にWebアンケート。有効回答数95件(22歳~39歳の働く男性)

※この記事は2016年11月08日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE