お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ダッセェ女! 男を萎えさせる女性のファッション・6選

ファナティック

デート前日が残業で心も体もクタクタだと、とても「オシャレして出掛けよう!」なんて気になれないもの。そこでデートでガッカリした女性の服装を、社会人男性に聞いてみました。オシャレする気になれない日は、取りあえずこのコーデだけ避けると良さそう?

前回会ったときと、全く同じ服装

・「2日前に2人で会ったときの服装とほとんど変わっていなかったとき」(32歳/不動産/営業職)

・「前回と全く同じ服装。手抜きに思えて、がっかりする」(31歳/情報・IT/技術職)

コーデを考えるのが面倒くさいと「取りあえず前と同じので……」という考えに逃げがちに。ただこの手抜きコーデ、見ている男性はちゃんと見ているよう!

きちんと手入れされていない服を着てきたとき

・「しわしわのTシャツで相手がきた。脈なしかと思いガッカリした」(26歳/その他/その他)

・「袖がダルダルになったシャツ。やる気や特別感が感じられないから」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

アイロンをかけるのも、疲れていると面倒くさくなりがちですよね。こんな日のためにノーアイロンで出掛けられる服を持っておくといいかもしれません。

全身真っ黒で喪服みたい

・「色が全身黒で、葬式みたいな感じ」(30歳/自動車関連/技術職)

・「喪服。これから動き回るっていうのに、それじゃでしょ」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

黒の洋服は着回ししやすくて便利ですが、だからといって黒ばかり集めると全身真っ黒コーデに!? 着て行くものが黒しかないときは、小物で差し色を入れるといいかも?

デートにジャージは、さすがになし

・「ジャージで来たとき。行く場所はそこまで遠い場所ではなかったのですが、さすがにジャージでデートはありえない」(34歳/その他/その他)

・「ジャージ。ダサい。一緒に歩くのが恥ずかしい」(30歳/小売店/販売職・サービス系)

デートどころか、恋愛すら「あきらめモード」に見えてしまうのがジャージ。きちんとした洋服を着ていれば、恋愛も気持ちも盛り上がるのにもったいない!

ゴスロリで来られると、気持ちが落ち着かない

・「いわゆるゴスロリの装いで来た女性。人目を引いてしまうので始終落ち着かなかった」(31歳/運輸・倉庫/営業職)

・「ゴスロリはさすがに辞めて欲しいと思う」(27歳/生保・損保/事務系専門職)

人目を引きすぎて、一緒にいると落ち着かないのがゴスロリ系の服装なのだそう。趣味・主張が強すぎる服装は、男性から引かれやすいのかもしれません。

季節感が全く合っていない服

・「行事でもないのにパンプキン柄を着ている」(32歳/その他/販売職・サービス系)

・「上下の色合いが季節感がなくばらばらなとき」(28歳/生保・損保/営業職)

ハロウィンでもないのにパンプキン柄など、季節感がずれた服装もデートでは引かれやすいとか。洋服はその季節に合った色柄を選ぶのも大事ですね。

デートに着ていく洋服がないときや、気力・体力がなくてどうしてもオシャレする気になれないときは、取りあえず上記コーデだけは外しておくのが無難かも? キュンとはさせられなくても「引かれる」ことだけは避けられるかもしれません。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※マイナビウーマン調べ(2016年8月にWebアンケート。有効回答数201件。25歳~34歳の社会人男性)

※この記事は2016年11月08日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE