お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

空気読めやっ! 「おごるよ」と言ったあとに頼まれるとムカつくもの5つ

ファナティック

デートで気になるのが、彼氏のお財布事情ではないでしょうか。食事をするにも、つい気を遣ってしまいますよね。彼がおごってくれるにしても、素直に受け止めていいの? そこで今回は男性に、デートで「今日はおごるよ」と言ったあとに頼まれるとムカつくものをぶっちゃけてもらいました。

(1)自分の料理よりも高いもの

・「自分の食べる料理より高いものを頼んだとき」(28歳/運輸・倉庫/その他)

・「自分が頼んだメニューよりとても高いとき」(25歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

少しの差であれば、あまり気にならないかもしれません。ですが、かなり金額に差がある料理を頼まれると、ちょっとムカついてしまうもの。彼がおごると言ってくれたときは、彼が頼んだものと同じ価格帯のものを注文するのが暗黙のマナーかもしれませんね。

(2)店で一番高い料理

・「店で一番高いコースなどを頼むこと」(38歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「別に好物などではないのにメニューの中で一番高いものを選ぶ」(37歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

おごりだからと言って最高級のコースなど頼まれると、さすがにイラッときてしまいそうです。極端なものは避けたほうが無難。どうしても食べたいときは、「これにしてもいい?」と彼の許可をとるとまだ好印象かもしれません。

(3)デザート

・「普段は頼まないようなとても豪華なスイーツ」(33歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「デザートを食べきれないほど頼まれると、さすがにイラッと……」(33歳/その他/事務系専門職)

デザートもちょっとしたものなら、男性からすれば微笑ましいかもしれません。ですが、豪華なものや、いくつもと……なると、さすがの彼もご立腹。男性があまりデザートを食べないというのも、その理由のひとつかもしれませんね。

(4)普段は食べないような料理

・「普段食べていないようなものを注文すること」(39歳/印刷・紙パルプ/技術職)

・「じゃあ、といって普段は食べないようなものを頼む」(39歳/ソフトウェア/技術職)

食べたことがないような料理を、金額だけで選ばれるとあまりいい気分はしないようです。男性の心情を考えれば、当然ですね。「それ、俺がおごるって言ったから選んだろ!」と、彼らの心の中のツッコミが聞こえてきそうです。

(5)高そうなお酒

・「高そうなワインや、シャンパンなど」(32歳/その他/事務系専門職)

・「高いシャンパンとか頼むと腹が立つけど、いつもおごっているからこういうのはない」(37歳/情報・IT/事務系専門職)

ワインなどはピンからキリまでありますよね。あまり高級なものを頼まれると、厳しいかもしれません。ですが、自分では頼めないものを頼んでみたいのも乙女心。ワインは特に価格帯のチョイスが難しいですよね。

<まとめ>

男性からおごられるのは、女性としてはうれしいもの。ですが、そこで調子に乗って、あまりに高価なものを注文すると、男性もイラっとしてしまうのではないでしょうか。彼の厚意を踏みにじらないよう、非常識になりそうなものは控えたほうがよさそうですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月6日~2016年10月7日
調査人数:316人(22~39歳の男性)

※この記事は2016年11月07日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE