お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

既婚男性が「不倫したくなる瞬間」6選

ファナティック

既婚の身でありながら、他の人と恋愛関係になる不倫。道ならぬ恋だとわかっていても、ハマってしまう人はいるようです。では、既婚男性のみなさんがどんなときに「不倫してしまいたい」と思うのかを聞いてみましょう。

妻がイライラしているとき

・「妻がイライラして八つ当たりを繰り返したとき」(38歳/ホテル・旅行・アミューズメント/その他)

・「あまりに毎日カリカリして怒りっぽいときなどは外に出たくなる」(38歳/小売店/販売職・サービス系)

妻がイライラしていたり、毎日カリカリしているときに「不倫してしまいたい」と思う人は多いよう。妻からの愛情を感じられなくなると、ほかの女性に求めてしまうのかもしれません。

魅力的な女性といい感じになったとき

・「かわいい女の子といい感じになり、やさしく話を聞いてもらったとき」(31歳/運輸・倉庫/その他)

・「魅力的な女性に言い寄られたとき。すべてを捨てて一時の快楽に走りたくなってしまう」(34歳/機械・精密機器/技術職)

魅力的な女性に言い寄られたときにそう思う、という人も。すべてを捨てて快楽に走るか、家族のことを考えて思いとどまるかで、その後の未来が大きく変わってしまいそうですね。

かまってくれなくなったとき

・「相手にされず、大事にされなくなったとき」(39歳/その他/その他)

・「子供が生まれて、あまりかまってくれなくなったと感じたとき」(38歳/その他/専門職)

妻に相手にされず、寂しさを感じたときに不倫したくなる、という人もいるようですね。不倫は「寂しさに負けた」というケースが多いので、普段からコミュニケーションを取ることが大事なようです。

お酒を飲んでいるとき

・「お酒を飲んでいるときに若い子から言い寄られたとき」(35歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

・「酔っぱらったときは気が大きくなるからしてしまいそうになる」(28歳/運輸・倉庫/その他)

お酒を飲んで酔っぱらっているときは、気持ちが大きくなって勢いに任せたくなることもあるようです。酔っているときは理性で抑えられないことが多いので、不倫がはじまるきっかけになる可能性が高そうですね。

大ゲンカをしたとき

・「小さなことで大ゲンカしたとき。もうどーでもよくなる」(35歳/金融・証券/営業職)

・「まったく口をきいてくれなく、夫婦ゲンカをしているとき」(39歳/不動産/事務系専門職)

妻と小さなことで大ゲンカして、口をきいてくれないとなると、家に帰っても居心地が悪そうです。そんなときに「不倫」という2文字が浮かんでしまうよう。ケンカしてもすぐに仲直りしたほうがよさそうですね。

夜の営みがないとき

・「夜の相手をされないとき。さみしくなる」(37歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「夜の営みなどのスキンシップがまったくないとき」(38歳/情報・IT/技術職)

夜の営みがないとき、という男性もいました。妻が疲れているときに断られると、次から誘いにくいのかもしれません。夫婦の愛情を確認し合うためには、スキンシップは欠かせないものと言えそうです。

まとめ

既婚男性が「不倫してしまいたくなる瞬間」として、全体的に多かったのは「妻からの愛情が感じられないとき」でした。妻がいつもイライラしていたり、口を聞いてくれなかったりすると、足りないものをほかの女性で補いたくなるようです。不倫は許されることではありません。まずは、普段から夫とコミュニケーションを取るように心がけることが大切ですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月17日~10月18日
調査人数:171人(22歳~39歳の既婚男性)

※この記事は2016年11月03日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE