お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

28%の男性は……! 仕事で疲れた夜、彼女から「今すぐ来て」と言われたら? 

ファナティック

どうしようもなく彼に会いたくなる夜、ありませんか? つい感情に任せて彼の状況も考えずに連絡を取りたくなりますが、もしかしたら突然の呼び出しに彼は困惑しているかもしれません。疲れている夜の彼女からの呼び出しについて思うことを、働く男性に聞いてみました。

Q.仕事で疲れた夜、彼女から「今すぐ来て」と言われたら?

睡眠……28%

彼女……39%

どちらとも言えない……33%

若干ではありますが、彼女の希望に答えようとする男性が多いようですね。その行動を選んだ理由を聞いてみました。

【「睡眠」と回答した男性の意見】

■体が持たないから

・「眠いのに無理です。次の日休みであれば彼女にする」(36歳/学校・教育関連/専門職)

・「仕事に影響が出る」(29歳/機械・精密機器/技術職)

その日が平日であれば、やはり気になるのは明日の仕事のこと。よほどのことがなければ貴重な睡眠時間を削ってまで会いに行く必要性は感じないのかもしれません。

■わがままに振り回されたくない

・「いい歳の社会人なら常識をわきまえてほしいなと思うから。睡眠、ひとりの時間も大切にしたいから」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「俺が主体で生きてます。俺の人生なので」(36歳/学校・教育関連/その他)

感情で「会いたい」というのは、いわば彼女のわがまま。それに振り回されることで自分自身が疲弊したくないという意見です。ストレスを感じながら会っても楽しくなさそうですね。

【「彼女」と回答した男性の意見】

■何より彼女が最優先

・「状況にもよるが、できるだけ彼女に寄り添ってあげたいと思っているので」(36歳/情報・IT/技術職)

・「彼女のことを離したくないと思ったら、行くと思う」(34歳/学校・教育関連/専門職)

自分の疲れを癒やすことよりも、彼女の気持ちを優先したいという意見です。断ったら彼女にマイナスなイメージを与えることを心配している人もいるようですね。

■むしろうれしいから

・「それだけ頼りにされている気がするから」(36歳/建設・土木/技術職)

少々体に負担はかかっても、それだけ彼女に頼りにされていることにうれしさを感じる人も。わがままに付き合うことで自分が彼氏だということを実感できるのかもしれませんね。

【「どちらとも言えない」と回答した男性の意見】

■緊急性に応じて判断する

・「電話をしてマズそうだったら駆けつけるようにする」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

彼女がひとりではどうにもできない事態に陥っているのであれば行って助けたいけれど、ただのわがままなら断るという意見です。その基準が難しそうですね。

自分の気分次第

・「めんどくさいと思ったら会わないし、そうじゃなければ会うし、そのときの気分だと思うから」(33歳/小売店/事務系専門職)

・「『仕事で疲れた』と彼女に言って、そのときの彼女の対応で行くか、行かないかを決める」(34歳/医療・福祉/専門職)

最終的に決めるのは自分次第。行きたい気持ちはあっても体がついていかないときや、疲れはそれほどでなくてもなんとなく行きたくない気分など、状況はそのときによって微妙に違うようです。

まとめ

いつでも飛んできてくれる男性は確かに頼りになりますが、それに甘えてばかりではいつかうんざりされてしまう可能性もあります。女性も、彼の体を労わる気持ちを持つことが大切なのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月30日~10月17日
調査人数:101人(22歳~39歳の男性)

※この記事は2016年11月01日に公開されたものです

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE