お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性を夢中にさせるキスのおねだりテク6選

ファナティック

女性も「彼とキスしたい!」と思う瞬間はありますよね。では、そんなときどうやって彼にキスしてもらいたい気持ちを伝えればよいのでしょうか。今回は、女性からキスをおねだりするときの上手なアピール方法について聞いてみました。

■素直に言葉で伝える

・「恥ずかしそうに『笑顔でチューしよ?』と言う」(22歳/学校・教育関連/その他)

・「『ねぇねぇ、チューして?』と素直に甘える。何でも素直に言ってしまう性格なので」(32歳/その他/その他)

回りくどい言葉を使うよりは「チューして」とかわいく伝えるのが一番という女性もいるようです。彼としてもその方が彼女の望んでいることがわかりやすいし、何よりも甘える仕草がたまらないという男性も少なくないでしょうね。

■自分からキス

・「甘えて、顔をだんだん近づける。軽いキスを一度だけして離れてみて、様子をうかがう」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「酔った勢いで、いきなりディープキス」(32歳/医療・福祉/専門職)

キスしたいときには自分からしてしまうという人も。彼女の積極的な態度に一瞬ドキッとしてしまう男性はいるでしょうが、彼としてもまんざらではないはず。

■じっと見つめる

・「手を握って、黙って相手の目を見つめる」(31歳/生保・損保/営業職)

・「とにかくジーっと見つめあう。にらめっこにならないように」(32歳/その他/その他)

キスしたい気持ちになったら彼の目をじっと見つめて気持ちを察してくれるまで待つという女性もいるようです。

■洋服を引っ張ってアピール

・「上目遣いで相手の服の袖や裾などを引っ張ってみる」(38歳/その他/その他)

・「洋服のすそを引っ張ってアピールする」(38歳/その他/その他)

女性が洋服をツンツンと引っ張る姿に萌えるという男性もいるので、キスしたくなったら彼の洋服を引っ張ってアピールするのも良さそう。ちょっと遠慮気味のアプローチながら効果はありそうですね。

■抱きつく

・「抱きつく。口紅はグロスなど落としておく」(36歳/不動産/事務系専門職)

・「ぎゅーっとハグをした後、上目遣いで彼の顔を見る」(28歳/その他/その他)

彼に抱きついたあとに上目遣いでキスをアピール。ここまでしたらさすがに気づかない男性はいなさそう。抱きつかれた瞬間に彼の方もキスしたい気持ちのスイッチが入りそうですよね。

■近くに座ってボディタッチ

・「少しずつ距離を縮めて、ボディタッチしながら近づく」(34歳/学校・教育関連/その他)

・「近くに座り、ボディタッチを増やす」(35歳/その他/その他)

あからさまにボディタッチをするのは恥ずかしい気もするので、少しずつ距離をつめつつ、ボディタッチの回数を増やしていくという女性もいるようです。さりげなさが男性をドキッとさせそうですね。

■まとめ

自分からかわいく「キスして」とおねだりできる女性もいれば、言葉や態度ではっきりと伝えられないという女性もいるようですね。積極的な行動に出られない女性は多いかもしれませんが、愛情表現の一つと考えればキスをおねだりするのもカップルとしては普通のこと。かわいく甘えてみると、彼の方も盛り上がってくれるでしょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年10月12日~10月14日
調査人数:206人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]