お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

絶対別れたくない!! 彼に振られそうなときのベストな対処法

ファナティック

恋人との間に温度差を感じ始めると、別れの予感を抱く人も多いかもしれません。相手から別れ話をされる前に、何かしら行動をしてしまう人も多いのではないでしょうか。彼に「振られそう!」と思ったときにどうするかを、働く女性にアンケート調査してみました。

Q.彼に「振られそう!」と思ったとき、どうしますか?

・先に自分から振る……34.2%

・振られるのを待つ……65.8%

先に自分から振るという回答が約3分の1となっています。みなさんは振られそうになったときに、一体どんな行動をとるのでしょうか。

<先に自分から振る>

■プライドが許さない

・「だって振られたらプライド傷つきます」(29歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)

・「プライドが許さないから、自分から行動する」(34歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

プライドの高い女性であれば、振られることは許せないですよね。振られる前に振ることでプライドは守れそうです。

■痛手を避けるため

・「振られると落ち込むので先回りしてしまいそう」(28歳/建設・土木/事務系専門職)

・「振られるより自分から振った方が痛手が少ないので」(29歳/機械・精密機器/技術職)

振られるとショックが大きい人もいますよね。それを防ぐためには、自分から振るしかなさそうです。好きな気持ちは残っていても、振られるよりはマシという人も。

■傷つきたくない

・「傷つくのがこわいから、待つより楽だから」(27歳/電機/事務系専門職)

・「傷つきたくないから。逃げた方がまし」(25歳/金融・証券/営業職)

人は誰でも傷つきたくないものです。別れを避けられるものであれば避けたいですよね。それができないなら、少しでもダメージを少なくしたいのではないでしょうか。

<振られるのを待つ>

■まだ分からない

・「振られそうと思っても、実際相手は振ろうとしてるかはわからないから」(29歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「まだわからないときは自分からは何もしないと思う」(23歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

振られそうというだけでは、振られるかどうかまだわからないですよね。実際に振られたわけではないですから、特に何もしないという女性は多いようです。

■好きだから

・「好きな人であれば自分から振るなんてできないから。でも、向こうから振られたのであれば踏ん切りがつく」(33歳/生保・損保/事務系専門職)

・「彼のことが好きだったら振られそうと思っても別れることはできないから」(27歳/医療・福祉/専門職)

相手のことを好きであれば、自分から振るということは考えにくいのではないでしょうか。振られるにしても、ギリギリまで一緒にいたいと思うのかもしれませんね。

■振られたほうが楽

・「振られるほうが楽なので、じたばたせずに振られるのを待つようにしている」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「振るのは体力を使うので、振られるほうがマシ」(32歳/学校・教育関連/事務系専門職)

振られることでショックを受ける人もいれば、振るより振られるほうが楽という女性もいますよね。楽な方を取るとすれば、振られるのを待つことになりそうです。

まとめ

振られそうというだけでは、まだどうなるかわかりませんよね。自分から振ってしまえば傷つくことはなさそうですが、実は相手にはそんな気はないかもしれません。プライドを取るか、彼を信じるかということになるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数110件(22歳~35歳の働く女性)

 

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE