お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

当たりだと思ったら大外れ!! 彼女を顔で選んで後悔した男性の元カノエピソード6つ!

ファナティック

顔や服装、スタイルなど、異性と付き合う上でその外見が好みかどうかは重要なポイントのひとつですよね。ですが、そればかりを重視していると思わぬ後悔をする羽目になることも。働く男性から、彼女を顔で選んで後悔したエピソードを聞いてみました。

Q.あなたやあなたのまわりで、顔で選んだ彼女と付き合いはじめて、後悔した男性はいますか?

いる 15.8%
いない 84.2%

8割以上の男性が顔で選んだ彼女に満足しているようですが、後悔する気持ちがある男性も実際にいるようです。それでは、どんな理由で後悔することになってしまったのでしょうか?

■その場の勢いで交際を決めてしまった

・「勢いで付き合ったから失敗した」(30歳/警備・メンテナンス/その他)

顔が好みであればそれだけで好感を持ちますよね。だからといってその勢いのまま交際をはじめてしまうとうまくいかずに失敗してしまうことも。

■見た目だけではわからない部分

・「相手がとても神経質だった」(33歳/団体・公益法人・官公庁/営業職)

顔を見ただけで、彼女の性質やくせまで見抜けるわけではありません。親しい知人として話しているだけのときは楽しくても、交際をはじめれば共有する時間や物、スペースはどんどん増えていきます。極端に神経質だったり潔癖だったりする女性だと後からわかってももう遅いですよね。

■性格の不一致

・「性格がとても男勝りで、ケンカばかりしていて結局別れた」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

見た目はとても女性らしい人でも、性格はとても男らしかったりサバサバしていたりすることもありますよね。そういった女性のほうが付き合いやすいという男性も多いですが、女性らしい人のほうが好きという人にとってはうまくいかない原因となりそうです。

■性格の違いからストレスを感じることも

・「性格が合わずに後々ストレスがたまった」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

性格が合わないとその分お互いに我慢する部分も増えますよね。いくら顔が好みでも一緒にいることがストレスになってきてしまいます。

■よく知ってみたら嫌な人だった!

・「性格が意外と悪くて、人当たりが悪い」(31歳/医療・福祉/専門職)
・「性格が悪く、わがままで大変そうだから後悔した」(32歳/電機/技術職)

初対面のときの会話、また付き合いはじめる前のやりとりでは気が付かなくても、交際を初めて一緒にいる時間が増えればおのずと相手の嫌な部分も見えてきてしまうものです。一度気になると小さなことも目につくようになってしまいますよね。

■自由がない……

・「束縛が激しく自由がなく監視されている気分だから」(38歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

自分のことを好きでいてくれることは男性もうれしいのでしょうが、さすがに束縛が強いと「付き合うんじゃなかった!」と後悔してしまうよう。自分の気持ちを相手に押しつけすぎないことは大事ですよね。

■まとめ

顔で彼女を選んでしまうと、やはり性格などの内面で相性が悪いことに交際をはじめてから気づいたというケースが増えるようです。付き合いはじめる前はお互い気を使っているから良いものの、付き合うようになって気が抜けてくればさらに良くない部分が見えてきますよね。顔で選んだときに限ったことではないですが、素の部分を知ってもうまくやっていく自信がないと交際しはじめてから後悔することになりそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数101件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]