お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

行って損した! 女子がデートでガッカリした男性のマイナス言動6つ!

ファナティック

楽しみにしていたデートでも、男性のマイナスな言動によって一気につまらなくなってしまうこともありますよね。せっかくのデートだったのに、男性の言動が原因でガッカリしてしまったエピソードについて女性に聞いてみました。

■店員さんへの態度が悪い

・「店員への無礼な態度。周囲への配慮が足りない態度を見ると『器が小さいな』とガッカリするから」(30歳/不動産/事務系専門職)
・「店員さんに対して、横柄な態度を取る。上から目線で人に対してふるまうのかなと思えるから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

せっかくデートで訪ねているのですから、気分よく買い物したり食事したりしたいですよね。それなのにささいなことで店員さんに注意したり、横柄な態度を取られたりすれば気分が悪いですし、ガッカリします。

■行き先は自分の好きなところばかり

・「自分の行きたいところばかり行く男性。私の意見を全然聞いてくれなくてガッカリする。一緒にデートする意味がないと思えるから」(29歳/ソフトウェア/技術職)
・「自分の好きなことを優先する。自分勝手な行動は嫌だ。めんどくさい」(29歳/団体・公益法人・官公庁/専門職)

2人で会っているのに、彼の好きなものばかり押しつけられても疲れてしまいますよね。たまになら相手の好きなものを知れてうれしいですが、いつもそれではひとりで遊んだほうがマシにさえ思えます。

■「疲れた」という発言

・「疲れた。一緒にいるときに言われるとがっくりする」(26歳/医療・福祉/販売職・サービス系)
・「『疲れた』。一緒にいるのに疲れたの?!と思う」(24歳/不動産/営業職)

デートを楽しみたいのに、疲れたと言われると彼は楽しんでいないのかと落ち込んでしまいますよね。デートの終わりに心地よい疲労感から言うならともかく、途中でやたらと連呼されると傷つきます。

■食事代はきっちり割り勘

・「自分のほうが飲み食いしたくせに完全割り勘。ケチな男は嫌いなので嫌だから」(28歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)
・「割り勘。500円とか小銭出させる人は本当に嫌だ」(28歳/生保・損保/秘書・アシスタント職)

完全におごってもらうまでいかなくても、端数分を出してくれたり、自分のほうが多く食べたからと多めに支払ってくれたりするとやっぱりうれしく感じるものです。逆に小銭まできっちり支払わされるとげんなりしてしまうかも。

■ネガティヴな話題ばかり

・「何かの悪口。器の小さい男だなあと思うから」(24歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)
・「誰かの悪口。悪口を聞かされても全く楽しくないし、それを楽しんでいる人とは今後楽しむことはできないと思うので、すごくガッカリしてしまう」(25歳/農林・水産/事務系専門職)

楽しむためのデートなのに、誰かや何かの悪口をずっと聞かされるのは気分が悪いものです。悪口を楽しめるタイプの人ならいいのかもしれませんが、たいていの人はデートの最中に他人の悪口なんて話したくありませんよね。

■値段をいちいち気にする

・「すぐに値段のことをぐちぐち言ってくる人。ケチな男は一緒にいてつまらないから嫌だ」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「やたら値段の話をされる。レストランでもどこでも、やたら高いを連発されると、気になるから」(33歳/学校・教育関連/技術職)

楽しく遊ぶときに値段を気にする発言を繰り返されるとこちらも気を使いますし、気分が白けてしまいますよね。店員さんの目も気になりますし、最初からお金を気にせず遊べるデートコースを考えてほしいものです。

■まとめ

2人きりでのデートでは相手の素顔をじっくり見られます。器の大きさや男性としての魅力をたしかめられる貴重な場にもなりますよね。ガッカリするような言動があったとしたらそこですっぱり諦めて、また別な男性を探したほうがいいのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数133件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]