お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 婚活

容姿でも性格でもない! 男性が告白する結婚相手の条件4つ

ファナティック

死ぬまで一緒にいることを考えると、これからの生活に悔いを残さないよう、結婚相手に「これだけは外せない!」と求めたくなる条件が誰しもきっとあるはず。そこで社会人男性に容姿と性格以外で、結婚相手に重視している要素について聞いてみました。

■価値観が似ていて、会話が成立する人がいい

・「面白い部分が共有できるかどうか。いやな部分が共有できるかどうか」(27歳/電機/技術職)

・「世界観が自分と近い人がいいと思う。ここだけ外せない」(26歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「きちんと会話ができる人。その場のノリのよさだけでは、生活はしていけない」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

価値観が合わない人と結婚すると、何かあるたびに「2人の溝を埋める」作業が必要になり大変なことが……。ただ10人いれば個性は10通り。自分とぴったり合う相手を探すのはなかなか大変ですよね! これが合う相手は「運命の相手」と言ってもいいかも?

■金銭感覚がまともかどうか

・「金遣いが荒くないかどうかということ。旅行にいっぱい行くとかは論外」(28歳/情報・IT/技術職)

・「ブランド品をたくさん持っていない。浪費癖が無いこと」(33歳/医療・福祉/販売職・サービス系)

・「金銭感覚がまとも。女性が家の財布を握るのが良いと思うので」(27歳/機械・精密機器/技術職)

お金を賢く貯蓄運用できる人なら理想ですが、最低限結婚相手に持っておいてほしいのが「まともな金銭感覚」。これがないと安心して子どもを育てないのはもちろん、老後の生活がどうなるか心配で、不安だらけの結婚生活になりそう……。

■ライフスタイルが似ていること

・「休みの日の過ごし方。自分の過ごし方と一緒のほうが楽で長続きすると思うから」(28歳/運輸・倉庫/その他)

・「ライフスタイル、やっぱりそこが違いすぎると性格や価値観があってると思ってもすれ違いの生活になったら、いい結婚生活を送っているとは言えないと思う」(34歳/運輸・倉庫/その他)

仕事が違えばライフスタイルはある程度変わるもの。それは仕方ないとして、休みの日くらいはせめて一緒に過ごせる人がいいですよね。ここが合わないと永遠とすれ違う生活になってしまい、夫婦で暮らしている実感が持ちにくそう?

■自分を心から愛してくれる人

・「自分がボロボロになっても、世界で一番好きと言ってくれる女性です」(34歳/情報・IT/事務系専門職)

・「二股するやつはイヤ、誰かと付き合っててこっちにきたら付き合うならいいが結婚までの信頼は築けない」(27歳/建設・土木/技術職)

健全な結婚生活を営むために、絶対的に必要な条件が「自分を心から愛してくれる」ということ。これがないとどんなにパートナーが理想の相手で、どんなに優れた条件を持っていたとしても結婚生活がすぐ破たんしてしまいそうです。

容姿と性格は結婚相手を選ぶときの「きっかけ」にはなっても、最終的に結婚相手を選ぶ「決め手」になるのは、結局のところ上記条件なのかもしれませんね。これらの条件が合う人と巡り合えるのは、実は奇跡のような確率。巡り合えたら離しちゃダメかも!?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年2月にWebアンケート。有効回答数817件。22歳〜39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]