お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

きゃん、予想以上にイイ男!! 2回目のデートもしたくなる、男性からの気遣いポイント6つ!

ファナティック

男性からデートに誘われて、一度目は付き合ってみたとしても、二度目のデートのお誘いを受けるかどうかはわからないもの。最初のデートでの相手の印象が、次のデートへとつなげてくれるチャンスになるものでは。2回目のデートもしたいなと思う、相手の気遣いポイントについて、女性のみなさんに教えてもらいました。

■おごってくれる

・「おごってくれたり、こちらの負担にならないようにしてくれる。デートにかけるお金がないから負担になる」(29歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)
・「お金を払ってくれると次も行きたい。割り勘だと好かれてない感じがする」(29歳/医薬品・化粧品/営業職)

多くの女性は、デートではおごってもらいたいと思っているのではないでしょうか。おごってもらえると、次のデートも……と考える女性は多そうですね。

■リードしてくれる

・「リードしてくれる。話してておもしろい。女友達と遊ぶときは私がリードしてるから、男の人にはせめてリードしてもらいたい。私があまり話さないから、場が盛り上がるためによく話す人がいい」(25歳/医療・福祉/販売職・サービス系)
・「私の好きなことやしたいことをわかっててくれて、リードしてくれる。今のところ、そんな人には出会ってないのでわかりません」(25歳/食品・飲料/事務系専門職)

デートなら、きちんと男性にリードしてもらいたいと思う女性も多いですよね。頼れる男性であれば、またデートがしたくなりますよね。

■帰る時間を気にする

・「帰る時間が遅くならないように、気遣ってくれる。帰る時間が遅くならないように、気を使ってくれると、大事にされてる気がするから」(28歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)
・「帰り時間を気にしてくれると尊重されているみたいでありがたい。自分が明日休みだからと言っても、こちらが休みとは限らない」(34歳/小売店/販売職・サービス系)

初デートだといろいろと考えるところもありそうです。特に帰りの時間がそうかもしれません。帰宅時間を気にしてくれる男性であれば、また会いたいと思う女性も多いのではないでしょうか。

■体調を気遣ってくれる

・「自分の体調の気遣いをしたりするところ。自分の体調があまりよくないのに相手の心配をしてくれた」(28歳/農林・水産/その他)
・「こちらの体調やペースをうかがってくれる。すぐに体調を崩したりするし、体調を崩すと一気にテンションも下がってしまうので、ペースを合わせてくれる人のほうがいいから」(34歳/建設・土木/事務系専門職)

体調が悪いときは、どんなデートも今ひとつ楽しめないですよね。ですが、彼が気を使ってくれると、デートよりもそのことのほうがうれしく思えるのではないでしょうか。

■次の日のことを気にしてくれる

・「次の日の予定とかを聞いて、デートの終了時間を考えてくれる。私の仕事は決まった曜日に休みではないので、土日も仕事なのに金曜の夜遅くまで連れ回されるのは正直辛い」(27歳/医薬品・化粧品/技術職)
・「次の日のことなど自分のことを気にしてくれる。金曜日でも仕事以外にプライベートの用事があるかもしれないので、”明日朝早い?”など聞いてくれるなど、自分が夜遊びたいから飲もうよという人じゃなければうれしい」(27歳/金融・証券/営業職)

女性の予定を考えて、デートをプランしてくれれば、デートもその後もずいぶんと楽なのではないでしょうか。そういう男性なら次もデートに行けそうですね。

■歩く速度を合わせる

・「歩くペースをこちらに合わせてくれたり、スマートなお会計をしてくれたり。割り勘男は好きではないし、歩くペースを合わせてくれない人は他のことも合わせられない人だと思う」(30歳/情報・IT/事務系専門職)
・「歩く速度を自分に合わせて歩いてくれる。自分のことを見て気遣ってくれているとわかるから」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

男性と女性では体格差もあり、歩くスピードもちがってきそうです。自分のペースに合わせて歩いてくれると嬉しいですよね。心遣いのできる男性ならまたデートしてもよさそうですね。

■まとめ

いろんなポイントが挙げられましたが、それらを気遣ってくれる男性であれば、ほとんどの内容について気づかってくれそうな気もしますよね。優しいというのは当たり前ですが、どれだけ、相手の気持ちになれるかというのがポイントかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数188件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]