お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

デートの前日、男性が寝る前に想像してしまうこと・5選

ファナティック

楽しみなデートを翌日に控え、ベッドの中に入ってもいろいろと想像が膨らんでしまう。期待と不安が入り交じった複雑な気持ちで、デートの前日を過ごすという人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、働く男性がデートの前日にベッドの中で何を考えているかについて聞いてみました。

■デートでの不安

・「デートプランがうまくいくか不安になる」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「おなかが痛くなって、下痢になったらどうしようという不安」(38歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

・「デートうまくいくかな、失敗しないかな、という不安」(29歳/情報・IT/技術職)
彼女のために考えたデートプランを喜んでもらえるのか、緊張しすぎて体調を崩さないか。デートの前日には、楽しみよりも不安のほうが大きくなるという男性も少なくなさそう。でも、それだけ自分とのデートを真剣に考えてくれるということでもあるので、女性としてはうれしく思いますよね。

■デートのシミュレーション

・「明日はこんな感じでエスコートして、いいシチュエーションを作ってキスしたりできたらいいなと妄想する」(36歳/情報・IT/技術職)

・「一応予行練習的な感じ」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「当日の計画のシミュレーション」(38歳/金融・証券/営業職)

当日にアタフタしないために、前日の夜はデートプランを頭の中でシミュレーションしてみるという男性もいるようです。どこに行って、どんな話をすれば彼女が楽しめるのかというのはもちろん、スムーズにエスコートすることで彼女に見直してもらいたいという気持ちもあるのでしょうね。

■イチャイチャする姿

・「彼女とどんな風にイチャイチャできるか、それを想像してしまう」(25歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「彼女とラブラブになり、彼女に愛されているところ」(33歳/学校・教育関連/専門職)

デート中はできるだけ彼女とイチャイチャしたいと思うのも、男性としては当然の心理かも。前日の夜から彼女とイチャイチャすることを想像してしまうと興奮しすぎて眠れなくなってしまうという男性もいそうですよね。

■デートの後のことが……

・「デートの後、家に誘ったら来てくれるかどうか」(37歳/小売店/販売職・サービス系)

・「あわよくばホテルに行けないかどうか考えてしまう」(26歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「体の関係までいけるかどうか妄想してしまう」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

デートが終わっても彼女をすぐに帰したくないし、できればそのあともずっと一緒にいたい……! 好きな人と距離を縮めたいという気持ちを持つのは女性でも同じことですよね。

■うまく運ぶイメトレ

・「全部うまくいく妄想」(29歳/情報・IT/営業職)

・「相手の顔」(33歳/小売店/事務系専門職)

中にはすべてうまくいく妄想や、相手の顔を思い浮かべる男性も。幸せな気分でベッドに入るほうが、翌日のデートにもいい影響を与えてくれそう。

■まとめ

デートに対する不安がわいてきたり、デートコースのシミュレーションをしたり、前日の夜から男性たちはデートのことをいろいろと考えているみたいですね。でも、いろいろと考えすぎて眠れなくなるより、好きな人の顔を思い浮かべたほうが、夢の中でも楽しいデートができそうですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月29日~8月29日
調査人数:110人(22歳~39歳の男性)

 

お役立ち情報[PR]