お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

さりげない行動にズキュン! 男子の心に響く「女子のナイス気配り」6選

ファナティック

乾杯外見の良さとはちがう意味で男性たちを惹きつける女性の気配り。できているようで意外とできていないことも多いですが、みなさんは自分が気配り上手だと思いますか? 今回は、男性たちが実際に経験した気配り上手な女性の行動について聞いてみました。

■周囲の人をよく見ている

・「会話には入れなくて困ってる人がいたら、さり気なく話を振ってあげる」(38歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「宴会時に会話に加われない人に積極的に声をかけていたこと」(37歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

自分から会話に入れなくてポツンと一人きりという人を見逃さず、その人が話題に入れるように話を振ってあげる。人見知りしがちな人にとって、こういう気遣いをしてもらえるのはうれしいことでしょうね。

■料理の取り分けなどを率先してする

・「お酒の場で空になったグラスなどに気づいてくれるとき」(30歳/学校・教育関連/その他)

・「料理などをすぐにみんなに分けてくれる女性」(29歳/医療・福祉/専門職)

あからさまに「私が!」としゃしゃり出てくるのではなく、あくまでもさり気なく料理の取り分けをしたり、空いたグラスに気づいてオーダーを促してくれたり。出しゃばりだと思わせない控えめさがあれば、好印象な気配りになりそうですね。

■声かけのタイミングが絶妙

・「適切なタイミングで言葉がけができる」(29歳/学校・教育関連/事務系専門職)

・「落ち込んでる人がいると、タイミングよく声をかけられる人」(33歳/小売店/事務系専門職)

人に対して「何となく普段とちがう」と感じても、どう声をかけて良いのか迷ってしまうもの。でも、気配り上手な女性は、その雰囲気で声をかけるタイミングを上手く見計らうことができるようですね。

■言わなくてもして欲しいことがわかる

・「相手が求めているものを(言わずとも)スッと行う(言う)ような女性」(30歳/情報・IT/クリエイティブ職)

・「運転に疲れてきたときに、『運転かわろうか?』と言ってくれたとき。すごいうれしかったし、いい女性だとそのとき思いました」(25歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

何も言っていないのに、して欲しいと思っていたことをしてもらえる。まさに気配りの神髄といった感じですが、こういうことが自然にできる女性は人への思いやりや優しさにあふれている印象もありますよね。

■空気が読める

・「空気を読める人、シャイな子の話す話題も膨らませたり、皆が楽しめているか自然に場を収めてしまう人」(38歳/その他/技術職)

・「メンバーを見て話題の振り方を変えられる子」(27歳/その他/経営・コンサルタント系)

その場に合わせて自分のポジションを変えられる空気が読める女性。決して、自分が目立とうとするのではなく周囲の人を盛り上げるサポート役ができる女性のことを、きちんと見ている男性も多いみたいですね。

■気遣いの仕方がさり気ない

・「気を配っていることを相手に悟らせないように気を配る」(36歳/建設・土木/技術職)

・「誰も気づかないことを率先して行ってくれる」(32歳/商社・卸/事務系専門職)

誰も気づかないことに気づけるというのも気配り上手な人の特徴。でも、何かをしてもらった相手を恐縮させることのないさり気なさも同時に身につけていないと、本当の意味での気配り上手とは言えないみたいですね。

■まとめ

気配り上手な女性のエピソード、いかがでしたか? こういう女性が周りにいるとお手本にしたいなと思える人ばかりですよね。気配り上手になるためには、まず周囲のことをしっかり見ることが大事。最初は、どんな気配りをすれば良いのかわからないことも多いかもしれませんが、見ているうちに誰がサポートを必要としているか、自分に何が求められているか少しずつ分かっていくはずですよ。

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年9月にWebアンケート。有効回答数101件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]