お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ヒエェェッ、ドン引き! 「それ逆効果だよ!」と思った男性のモテテク

ファナティック

異性にモテるために努力をするのはいいことかもしれませんが、努力の方向がまちがっていると、まわりから冷めたい目で見られてしまうことも……。今回は、働く女性から見て「それじゃモテない!」と言いたくなるような男性のモテテクには、どんなものがあるのか聞いてみました。

■謎のSキャラ

・「わざとちょっと意地悪なことを言う。フツメンがやったところで何もかっこよくない、むかつくだけ」(30歳/不動産/秘書・アシスタント職)

・「謎のSキャラ。そういうのはドラマや漫画だけでしか通用しません」(27歳/自動車関連/事務系専門職)

気になる女性に意地悪をしたり、冷たい態度を取ったり。ドラマなどでは、それで女性の方が余計に夢中になると言うシチュエーションもありそうですが、実際は「イヤなやつ」と思われて終わりかもしれませんね。

■下手な焦らし

・「それまで甘える系だったのに急にそっけない態度を取る。モテテクっていうかこんなコトされたら普通に嫌われたと思って気持ちが離れる」(31歳/生保・損保/営業職)

・「自分から誘わない。返信も返すのもわざと遅くする」(32歳/医療・福祉/その他)

恋愛には駆け引きも必要。とはいえ、あまりにも焦らされると嫌われたのかと思ってしまいますよね。男性がイケると思っている恋愛の焦らしテクも、女性から見るとわかりにくいモテテクと言えそうです。

■マメすぎる連絡

・「意味のないLINE連絡が多い、会いたいかまって連絡も多い。仕事中なのでウザい」(28歳/小売店/その他)

・「『おはよう』だけとか、毎日内容のないメールやLINEを送ってくる」(28歳/情報・IT/事務系専門職)

あまりマメなイメージのない男性から頻繁に連絡をもらうとうれしい気持ちにもなりますが、気のない男性やマメすぎる連絡はウンザリしてしまうことも……。付き合っていない男性からのかまってメールを面倒だと感じる女性は多いようです。。

■車道側を歩く

・「常に道路と逆側を歩かせてくれる。最初はうれしかったけど、道によってコロコロ位置を変えられるとウザったい」(25歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「車道を歩いてくれるのはいいけど、さっさと歩いていくのはアウト」(24歳/医療・福祉/専門職)

レディーファーストのひとつでもある、車道側を男性が歩くルール。さり気なくやってくれるのならまだしも、そこばかりに気を取られている姿を見ると「板についていない」感だけがただよってきそうです。

■髪型を気にしすぎる

・「いつも鏡ばかり見ていて、髪の毛をいじっている人。見てくれは、髪の毛が多少セットが決まらなくても、多少寝癖がついててもまったく問題ないと思う」(29歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「髪型を異様に気にする人、女子力溢れる男」(34歳/その他/その他)

身だしなみに気をつかう男性は好印象を持てるものの、鏡やガラスに映る髪型を常に気にしている人はちょっとナルシストっぽい気も。見た目でなく、内面に気をつかってほしいと思う女性も多いかもしれませんね。

■車をバックさせるときに助手席に手を回す

・「バック駐車するときに、助手席に手をまわして左から後ろを見る。バックモニターとかあるし、なくてもミラーあるし」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

・「車のバックのときに、助手席に手を回す人。びっくりするし、わざとらしい」(31歳/医薬品・化粧品/技術職)

助手席に手を回して車をバックさせる。女性をドキッとさせる仕草ではあるものの、ちょっとわざとらしい気がするという人も。いきなりやられると「何、カッコつけてるの?」とツッコみたくなる人がいるのかもしれませんね。

■まとめ

雑誌などでも特集されることのある「モテテク」。女性でもモテテクを使う人はいますが、男性にもそういう人は少なくなさそう。モテたい気持ちは理解できるけれど、わざとらしさが感じられると引いてしまう女性が多いようです。女性が本当に求めていることを見極めることが大切なのかもしれません。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月2日~8月4日
調査人数:338人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]