お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 結婚

円満な夫婦生活を送るために「守るべきこと」

ファナティック

結婚を意識するようになると、結婚したあとも相手とずっと続けていけるのかが気になってきますよね。そこで今回は社会人男女のみなさんに、結婚生活において一番大切なポイントを教えてもらいました。

<女性の意見>

■思いやりを持つ

・「お互いに思いやること。優しさがなければ続かないと思うので」(29歳女性/情報・IT/販売職・サービス系)

・「思いやり。相手を思いやる気持ちが大切だと思う」(36歳女性/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

お互いを思いやって行動すれば、衝突することは少なくなりますよね。長続きするには必要なことかもしれません。

■相手を尊重する

・「お互いを尊重しあいつつ、無理はしない」(26歳女性/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「お互い尊重しあい干渉は最低限にする」(24歳女性/小売店/販売職・サービス系)

お互いの考えが違っていても、尊重していれば、モメることはなさそうですよね。あまり干渉しないのもいいのかもしれません。

■忍耐力

・「忍耐力? でもあんまり我慢しすぎるのもよくないと思いますが」(27歳女性/医療・福祉/専門職)

・「忍耐だと思う。相手のことを少しずつ知っていくことになるから、自分の価値観を押し付けるのではなく、妥協点を探していく必要があるから」(31歳女性/その他/その他)

一緒に生活していると、どうしても自分の価値観を押し付けがちになってしまいますよね。それを我慢できればいいですが、我慢ばかりが続く相手だと、元から相性がよくないのかもしれません。

<男性の意見>

■お互いを尊重しあう

・「相手を尊重する。結婚したからといって自分と同じ考えではない」(37歳男性/医薬品・化粧品/技術職)

・「お互いを尊重して、助け合うように心掛ける」(33歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)

結婚して家族になったとしても、それぞれが別の人間ですよね。考え方が違うこともあるので、それを尊重することも大切なのではないでしょうか。

■思いやり

・「お互いに思いやりを持って言いたいことはオブラートに包んで伝える」(29歳男性/不動産/営業職)

・「思いやりが一番大切だと思う。すべてにおいて」(33歳男性/情報・IT/技術職)

どちらかだけでなく、お互いが思いやりを持って生活していけば、ずっと幸せな家庭でいられそうですね。いつまでも仲のよい夫婦でいられそうです。

■我慢する

・「相手の短所に目をつぶり我慢すること」(39歳男性/医療・福祉/事務系専門職)

・「我慢、忍耐、とにかく耐えることだと思います」(35歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)

我慢のし過ぎはストレスになってしまいますが、ある程度は我慢も必要ですよね。ただし、どこかで発散しておかないと、大げんかになることもあるかもしれません。

■まとめ

男性も女性も、結婚生活をうまく続けるうえで考えることは同じようです。結婚して夫婦になったからといっても、それぞれは個人ですから、お互いを尊重することを忘れなければ、幸せもずっと続いていきそうです。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数405件(22歳~39歳の働く男女)

 

お役立ち情報[PR]