お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

あぁ、ハマっちゃう! 男性がグッときた「ツンデレLINE」10

ファナティック

女性がやる「ツンとデレの組み合わさったLINEやメール」に、やはりドキッとしてしまう男性も多いよう。そこで社会人男性にグッときた「ツンデレLINE」「ツンデレメール」とは実際どんなものだったのか、聞いてみました。

■言っていることが前と全く違う、ツンデレメールやLINE

・「好きじゃないと言っておきながら、後日会いたいと言われたとき。素直じゃないところがまたかわいいと思った」(28歳/情報・IT/技術職)

・「みんなの前では強気で私に当たってきたけれど、後でメールで『さっきはごめんね』と書いてあったのにグッときました」(31歳/自動車関連/技術職)

・「『絶対夜ごはん作らない!』ときたメールでしたが、帰るとすごい豪華な食事を作ってくれていたこと」(34歳/マスコミ・広告/営業職)

一度ガッカリしてしまうせいか、グッときてしまうのが「前と言っていることが全然違うツンデレメールやLINE」なのだそう。ツンで期待値を下げる分だけ、デレッとされたときの感動はひとしお? ツンデレメールやLINEにはサプライズ効果があるのかもしれません。

■本当はそう思っていない癖に、素直じゃないメールやLINE

・「金曜日に、土曜日は会う約束をしていないときに『明日何しよっかなー』って会いたいって直接言えないところがグッときた」(31歳/電力・ガス・石油/技術職)

・「かまってほしいのに、『かまってくれなくていいよ』と素っ気ない文章」(31歳/小売店/販売職・サービス系)

・「ケンカまではいかないけど、空気が悪くなって帰ったあと、リベンジのチャンスをあげると書いてあった。謝りはしないけど、仲直りはしたいという意味で」(32歳/運輸・倉庫/その他)

本当は全く違うことを思っているはずなのに、素直じゃないツンデレメールやLINEにも男性はグッときてしまうよう。すねてしまうのは自分が大好きだからこそ。シンプルに好きと言われるより「ツンデレな態度」の方が、気持ちがより伝わることありますよね。

■突然ハートマークをつけてくる

・「普通のやりとりをしていたのに、最後だけハートマークが付いたとき。単純にドキッとする」(33歳/小売店/販売職・サービス系)

・「普段絵文字の少ないメールだが、最後にハートマークの絵文字(派手ではない)をちょこんと付けて送ってきたとき」(32歳/医療・福祉/専門職)

素っ気ないやり取りが続いていたのに、突然ハートマークをつけてくるのがツンデレ女子の憎いところ!? 不意打ちをくらわされると、やっぱりドキッとしてしまいますよね。普段シンプルな文章を送りがちなら、たまにはハートマークも使ってみては?

■突然愛情をぶちまけてくるツンデレメール・LINE

・「話している話題とは関係なく、突然『好きかも』と返事が来たこと」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「そっけない態度と受け取れる表現の文章だったのに、急に『どこに行きたい?』と言われた。『あなたとならどこへでも』と……」(31歳/機械・精密機器/クリエイティブ職)

またツンデレ女子の憎いところは、普段そんなことは一切言わないのに突然愛情表現をしてくるところ……。これにやられてしまう男性も多そうですよね。普段ツンツンしているだけなのに、都合のいいときだけドキッとさせるなんてちょっとズルい!?

■まとめ

彼氏との間に刺激が足りなくなってきたときこそ、効果的なのがツンデレメールやLINE。彼氏との間で素っ気ないやり取りが続いているようなら、たまには「デレ」っとしたところを見せるのがお勧め。不意打ちをくらって、彼氏をドキッとさせられるかも?

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月11日〜12月14日
調査人数:441人(22歳〜34歳の男性)

お役立ち情報[PR]