お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

男性が、“いい感じかも”と感じた女性に対して「最初にすること」6選

ファナティック

恋を求める女性たちにとって大切なのは、男性からの密かなサインを見逃さないことです。自分に対して「いい感じかも」と思ってくれている男性を察知できれば、効率よくアプローチできますよね。しかし、女性にとってはわかりづらいのが男心……! そこで今回は、世の男性たちに「いい感じかも」と感じた女性に対して、「最初にすること」を教えてもらいました。

■自分から話しかける

・「話す機会を作る。何かの拍子で声を掛けてみたり、何かきっかけづくりをする」(36歳/情報・IT/技術職)

・「いろいろ質問をすると思う。仕事は何をしているか、どこに住んでいるか、兄弟はいるかなど。あとのほうで彼氏がいるかを聞くと思う」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

ちょっとわかりづらいですが、「いいな」と思ったら、自分から話す機会を増やす! という意見が目立ちました。質問系で会話をしてくれたり、わざわざ遠くから話しかけにきてくれたら、それが「好意のサイン」と言えそうですね。

■共通の話題

・「近づきたいのでまず趣味を聞いて、その趣味を勉強してその話で盛り上がれるようにがんばること」(27歳/印刷・紙パルプ/事務系専門職)

・「共通の話題を探る」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

相手と盛り上がるためには、「共通の話題」が必須です。自分から多くの情報を開示してあげることで、相手の男性に「ヒント」を与えられることでしょう。

■連絡先交換

・「連絡先を聞く。そこから誘いやすくなるから」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「LINE交換。交換することで友だちとしての第一歩になると感じ、その後LINEでさらにうまくいけば仲を深められるので」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

さらに一歩進んで、こんな意見も目立ちました。お互いの連絡先を知っていれば、これまで以上にコミュニケーションが取れるはず。「嫌がっていないこと」を、上手にアピールする必要もありそうですね。

■誘う!

・「飲みに誘う」(33歳/電機/技術職)

・「デートの誘い、ここからすべてがはじまる」(38歳/電機/その他)

相手の感触を探るためにも、「まずは誘ってみる」という意見も目立ちました。「誘う」ということは、「一緒に過ごしたい」とアピールすることでもあります。素直に受け止めてもよさそうですよ。

■触れてみる

・「ぶつかったふりをして手を触れ合わせる。逃げなかったらそのまま手をつなぐ」(37歳/機械・精密機器/営業職)

・「腕などを触ってみて、行けるかどうか判断しますね」(38歳/印刷・紙パルプ/クリエイティブ職)

ここまでくると、かなりわかりやすい!? より積極的に、女性の反応を探る方法ですね。自分も気になっていれば、嫌がる必要はありませんが、安売りは禁物。さりげなく対処する方法を身につけておくと安心です。

■さりげなさ過ぎて気付かないかも……!?

・「メールのレスポンスをよくする。相手に気があると思わせるため」(33歳/商社・卸/事務系専門職)

・「笑顔でいる。よく思われたいので」(28歳/その他/その他)

・「目を合わせる。意識させる」(32歳/電機/技術職)

やっぱり日本人男性には、照れ屋が多い!? 女性が察知するのが難しい、非常にさりげない意見も目立ちました。なんとなく「そうかも……」と思ったら、女性のほうから一歩踏み込む必要もあるのかもしれませんね。

■まとめ

男性たちの意見を読み、「あ! こんなこと、されたことがある!」と感じた方も多いはずです。もしかしたら、それが男性からの「サイン」だったのかもしれません。チャンスを逃さないためにも、しっかりと頭に入れておくのがオススメですよ。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月18日~2016年9月16日
調査人数:101人(22~40歳の男性)

お役立ち情報[PR]