お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

なにコイツ、ありえないんだけど! 男性が「気を使えないヤツ」と思う女子の言動10

気配りは慣れの問題もあるため、やり慣れていないと失敗も多いですよね。そこで社会人男性に、女性を見て「気を使えないやつだなぁ」と思いやすいポイントについて聞いてみました。このポイントを避けて、効率よく気配りしてみては?

■公共の場で席や場所を譲らない

・「優先席に座っていて、年寄りが乗ってきても気づかないとき」(32歳/電力・ガス・石油/技術職)

・「公共の場で子どもや年寄りを優先して、席や道を譲る行動を取れない」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

・「後ろを通ろうとする人がいても避けない、譲ろうとしない。狭いんだから気を使えよって思う。ドアを開けて待ってくれてる人がいても急がない。自分専属ドアボーイじゃないんだからって思う」(32歳/運輸・倉庫/その他)

公共の場所での基本的なマナーが、お年よりや体の弱い人に席を譲ることと、周囲にいる人たちに迷惑をかけないようにすること。この基本がなっていない女性は、男性から見てかなりイメージダウンなよう。忙しくても、この基本だけは忘れたくないですね。

■空気が読めず、会話に混ざろうとしてくる

・「上司と話していても一緒に会話に入ろうとするとこ」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「いい雰囲気の男女の会話にいつまでも混ざり続ける」(33歳/その他/専門職)

・「まわりの空気が読めない女性。例えば共通の話題で、みんなが盛り上がっているときに、突然違う話をはじめ、場の雰囲気を一気に変えてしまう女性」(32歳/商社・卸/営業職)

自分が一番じゃないと不安になるのか、会話に無理に混ざろうとしてくる女性も、男性は鼻につきやすいとか。協調性を大切にする男性は多いため、こんな行動は「自己中心的な行動」に見えやすいのかもしれませんね。傍観者でいることも、時には大切です。

■病気で寝込んでいるのに心配してくれない

・「病気で寝こんでいるにもかかわらず、コンタクトレンズを買いに行きたいから迎えに来てと言われたときは、本気でこいつとは一緒にならないと思いました」(29歳/小売店/販売職・サービス系)

・「風邪をひいて寝込んでるときに普通に遊びに来る」(34歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

気を使えないというか「自分は彼女にとってどんな存在なんだろう……」と男性が悲しい気持ちになりそうなのが、女性のこんな行動。自分のためなら男性は何でもする、と思っていたら大間違い!? 男性にもさすがに限界はありますよね。

■レストラン中の気配りのなさにガッカリ

・「レストランなどでお茶や水がなくなってることに気づかない」(31歳/電力・ガス・石油/技術職)

・「ドライブ中にマックでドライブスルーしてポテトなどを買ったときやペットボトル飲料を買ったときに、助手席にいるのにもかかわらず、ポテトを食べさせてくれないときやジュースのふたを開けてくれないとき」(34歳/建設・土木/技術職)

デートでついやってしまいがちなのが、こんな失敗かも? 男性に遠慮する気持ちが抜けなかったり、デートに緊張していたりするとこの気配りが頭からスッポリ抜け落ちてしまうこともありますよね。付き合い初めほどやりがちな失敗なので、気を付けたいところ。

男性は上記のようなポイントで、女性に対して「気を使えないなぁ」なんて思いやすいよう。心がソワソワして落ち着かないときほど、人への気配りを忘れやすいもの。男性と二人きりになるときは落ち着いて相手のことを観察し、ぜひうまく気配りしてみてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

マイナビウーマン調べ
調査日時:2015年12月11日〜12月14日
調査人数:441人(22歳〜34歳の男性)

お役立ち情報[PR]