お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート

食欲失せるわー……女性がドン引きした男性の食事マナー10

最初のデートといえば、行くことが多いのが「食事」デート。ここで見られる相手のマナーは今後のおつきあいを左右しかねない、重要なチェックポイントですよね。そこで働く女性に「デートで相手にドン引きした食事マナー」について聞いてみました。

■食べ方が汚すぎる!

・「口の周りに付けていたり、口から食べ物が飛んできたとき」(27歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「パスタを音をさせてすする。パスタはフォークでからめて口に入れてほしいが、すすっていたので」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「食べ方が雑で汚い。スマートフォンを見ながら食事をしているのは、よくないと思う」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

濃厚なソースがからんだパスタや麺類は、相手にまで汁が飛び散ってしまうことがあるため危険!? 食べ方に問題アリな人は、最初のデートでは「キレイに食べられそうなもの」を注文するのも大事かもしれません。スマホをいじりながらの食事もタブーです。

■お箸やカトラリーの使い方、食べ方がおかしい

・「フォークとスプーンの2本使いでカレーを食べていた。上品でもなんでもなく、引いた」(29歳/その他/事務系専門職)

・「おしゃれなレストランで、出されたパンを丸かじりしたこと」(30歳/アパレル・繊維/事務系専門職)

・「落ち着いた場所でがっついて食べる。フォークとナイフの使い方を知らない」(31歳/医療・福祉/専門職)

高級な場所へ行くほど恥ずかしい思いをしがちなのが、お箸やカトラリーの使い方がおかしい人との食事。またパンの丸かじりもワイルドすぎる!? 大人が集う、静かで落ち着いたお店に行くときは、テーブルマナーをおさらいしてから出掛けた方がいいかもしれません。

■食べ方が汚い

・「自分の食べたいものをどんどん頼んでおいて、お腹がいっぱいだからとお皿に少しずつ残す人」(31歳/その他/技術職)

・「音を立てて食べる、ご飯粒を残す」(33歳/医薬品・化粧品/販売職・サービス系)

食べきれない量を頼んで残す行為や、音を出して食べる行為は特に女性から引かれやすいもの。周囲の目を気にする女性も多いため、自宅でやっているような「わがまま食べ」や「くちゃくちゃ食べ」は、飲食店では披露しない方がいいかも?

■いやしさが出る食べ方はやめてほしい

・「カップラーメンのスープが入っていた袋の切り口をなめる」(30歳/電機/事務系専門職)

・「机に落とした食べ物を手でつまんで食べた。そこまで食に飢えてるのかと卑しく見えた」(33歳/医療・福祉/事務系専門職)

食べ物が手に入りにくい時代ならまだしも、今の飽食な時代に上記のような行動を目にしてしまうと「いやしさ」を感じてしまいますよね。食べ物を大切にする気持ちは大切ですが、デート中はあまりやらない方がいいかもしれません。

一緒に食事に行った人の食事マナーが残念だと、外で食事するのが恥ずかしくなってしまいますよね。次のデートの約束をとりつけるためにも、食事マナーだけは粗相がないようにした方がいいかも? 男性陣はぜひ上記マナー違反にご注意を!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2015年12月にWebアンケート。有効回答数270件(22歳〜34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]