お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

いや、ウザイんだけど……「彼女ヅラすんじゃねー!」と思った瞬間4つ

ファナティック

気になる男性と少しでも距離を近づけたくて、あの手この手でアプローチする女性って多いですよね。しかしやり方をまちがえると、「勘ちがいしている人」になってしまう可能性も。今回は働く男性のみなさんに、「彼女ヅラすんなよ!」と思う女性の特徴について聞きました。

■何でも知ったふりをする

・「自分のことを何でも知ってるかのように話す」(26歳/その他/その他)

・「自分のことをわかった気になる」(26歳/その他/その他)

・「私の過去をすべて知っているかのような話し方をすること」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

自分のことだけでなく全体で言えるのかもしれませんが、知ったかぶりをするのはあまり好まれないようですね。

■ダメ出ししてくる

・「車や自分の考えにダメ出し」(24歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「自分に対するダメ出しが多い」(32歳/運輸・倉庫/その他)

・「性格にダメ出し」(31歳/情報・IT/技術職)

相手のことを思ってアドバイスをしていることもありますが、一方的に言いすぎるのは印象がよくないようです。信頼関係を築く前にダメ出しをするのは、控えたほうがいいかもしれませんね。

■世話を焼いてくる

・「いちいち人の世話を焼く」(39歳/機械・精密機器/技術職)

・「勝手に家に来て、ご飯を作ろうとする」(33歳/その他/販売職・サービス系)

・「頼んでもない大きなお世話をされる」(36歳/その他/クリエイティブ職)

気になる男性の世話を焼いてしまう女性は多いのではないでしょうか。いろいろとしてあげたい気持ちもわかるのですが、「小さな親切大きなお世話」という言葉もあるように、構いすぎるとイヤがられることもあるようです。

■私生活に口出しする

・「私生活にやたらと口出しをしてくる」(39歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「自分の生活習慣に口出ししてくる」(25歳/その他/技術職)

・「生活状況や性格などに、いちいち文句を言う」(31歳/その他/その他)

自分が気になっている男性には、きちんとした生活をしてもらいたいと考える女性は少なくないです。ただ、プライベートなことにまで口を出すと、母親のようになってしまう可能性も。

■まとめ

そこそこ仲よくなってきて、付き合ってもいいかなと思っている男性に対しては、ついつい彼女ヅラしてしまうこともあるのではないでしょうか。たまにならいいのですが、あまりに多いと男性からはウザがられてしまうようです。少し気をつけたほうがいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月2日~3日
調査人数:118人(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]