お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

花火大会やお祭りに女子が浴衣で着たら、「脈アリ」だと期待する男子●●%

ファナティック

浴衣夏は浴衣を楽しめる唯一の季節! ただ、困るのが一緒に行く友だちが異性だったとき……。浴衣を着ると「はりきりすぎ」なんて思われやすい? 今回は男性のみなさんに花火大会やお祭りに行くとき、相手の女性が浴衣で来たら、「ちょっと脈アリかも?」と思うかどうか聞いてみました。

Q.女性と花火大会やお祭りに行く際、相手の女性が浴衣で来たら、「ちょっと脈アリかも」と思いますか?

はい……36.8%
いいえ……63.2%

今回のアンケートでは約4割の男性が「そう思う」と回答しました! では、それぞれの理由をくわしく聞いてみましょう。

■浴衣は夏のユニフォームみたいなもの

・「花火大会とか祭りなら浴衣で来るのが定番なので、特に脈があるとかそういうことではないと思うから」(36歳/情報・IT/技術職)

・「浴衣は花火やお祭りのユニフォームみたいなものだから」(32歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

・「お祭り気分で来てるだろうから」(30歳/運輸・倉庫/その他)

花火大会やお祭りに行く気分をグッと盛り上げてくれるのが浴衣。誰かに見せたいというよりは「着たい!」というモチベーションのほうが高い服装ですよね。それは男性もよくわかっているようで、相手女性が浴衣で来ても「特に脈アリとは思わない」のだそう。

■女性は誰かのためじゃなく、自分のために浴衣を着る

・「浴衣なんて自分にじゃなくて、まわりの人間に見せたいだけだと思うから」(36歳/建設・土木/技術職)

・「女性は自分のために浴衣を着る」(32歳/食品・飲料/技術職)

・「雰囲気を楽しみたくて着ている可能性があるので」(30歳/学校・教育関連/事務系専門職)

オシャレの楽しみは「男性に見せる楽しみ」よりも、本当は「雰囲気を楽しむこと」や「不特定多数の人に見せる楽しみ」のほうが上。その気持ちも男性にはお見通しだった!? 女性は自分自身のために浴衣を着るものなのかもしれません。

■着るのが大変な浴衣を、着てきてくれたことに感動

・「自分が思っている以上に期待して来てくれたのか! と思う」(39歳/その他/技術職)

・「浴衣を着るのは面倒だから、その大変さを費やしてくれた気持ちを感じる」(34歳/機械・精密機器/事務系専門職)

ただ女性は浴衣を自分のために着ることが多いにせよ、一緒に行く相手によっては着て行くかどうか考えることもありますよね。浴衣を着るのは大変なため、それをわざわざ着ていくということは、そこに少なからず気持ちがある証拠かも?

■セクシーさにドキッ!

・「浴衣姿は、夏のデートで色気のある女性が何倍もよりキレイに見えるファッションに感じるので、ドキッとします」(26歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「浴衣だとセクシーな感じがするので、気分が舞い上がる」(29歳/情報・IT/技術職)

女性の浴衣姿は、男性にはセクシーで色っぽい印象に見えるもの。それが原因で妙に相手を意識してしまい、自然と「脈アリ」に見えることがあるのだそう。一緒に遊びに行く男性に誤解されたくないときは、浴衣を着て行かないほうがいい場合も?

■まとめ

浴衣は印象がガラッと変わる服装だけに、男性の気持ちを揺さぶりやすい服装。それだけに着るのをためらうこともありますが、男性は意外と女性の「浴衣を着たがる気持ち」がわかっている人も多いようです。せっかくの夏、周囲は気にせずぜひ浴衣でオシャレを楽しんでみてはいかがでしょうか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数95件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]