お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 カップル

余計なお世話だよ! と思った友人からの「恋のアドバイス」4選

ファナティック

恋の相談は女友だちに……と考える女性も多いと思いますが、実はその判断がトラブルを招くことが多いのも事実です。同性ならではの面倒くささもあるため、つい「余計なお世話」だと思ってしまうことも。そこで今回は、女性のみなさんに「余計なお世話だよ!」と感じた友人からの「恋のアドバイス」について聞いてみました。

■上から目線

・「恋愛すると人間的に成長するよ! と言われた」(28歳/建設・土木/技術職)

・「既婚の友人に、『独身のころはまだ恋愛できるんだからいいんだよ』と言われて、上から目線にイラッとした」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

相談をうけるときは、同じ目線に立ってほしいと思うもの。上から目線で人生の先輩であるかのようなアドバイスを望む人はいないでしょう。

■おせっかい

・「長年付き合っている彼と結婚していないのを見かねて『もっと彼にアピールしろ』と言われた。別に結婚はまだいいのに……」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「既婚者の子から、アドバイスを聞かせてあげると、無理やり知らない人に会わせられそうになったこと」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

場合によってはそのアドバイスが結婚につながることもありますが、相手がそれを望んでいない場合は、ただの「おせっかい」だと思ってしまうことも。

■私には私の基準がある

・「理想が高すぎると言われた。でも好きになれないものは仕方ないじゃんと思った」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

・「完璧な人なんていないんだから妥協しなきゃ、と言われた」(31歳/医療・福祉/事務系専門職)

なかなか彼ができない、結婚ができないと相談されるとつい言いたくなる言葉ではありますが、相手を選ぶ基準は人それぞれです。無理やり好きになれとか結婚しろと言われてできるものではありませんよね……。

■判断するのは私だから!

・「付き合ったほうがいいとか別れたほうがいいとかいうアドバイス」(29歳/生保・損保/営業職)

・「相手に贈るプレゼントについて、ダメ出しをもらったことがある」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

たとえ友人が恋愛相談をしてきたとしても、判断を仰いでいるわけではありません。どんなに恋愛経験が豊富でも、相手の男性に対してわかったようなことを言うのは禁物ですね。

■まとめ

友人が困っているとついアドバイスをしたくなりますが、相談するのは同調してほしかったり、グチを聞いてほしいだけの場合もあります。間違っても友人よりも優位な立場であると勘違いして余計なアドバイスは避けてほしいものです。もちろん、自分自身が「余計なお世話」だと思われてしまうようなアドバイスをしないよう、気をつけてくださいね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年7月12日~20日
調査人数:103人(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]