お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

ぎゃー! パ、パンツを……お泊まりの失敗エピソード4選

ファナティック

彼とのせっかくのお泊まりデート。ルンルンで行ったけれど、大失敗をしてしまった! という経験はありませんか? 今回は女性のみなさんに、失敗したお泊まりエピソードについて聞きました。

■下着を忘れた!

・「下着を忘れてしまった」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「パンツを忘れてしまった。明るいところでまじまじと見られたくない安物のパンツだったので恥ずかしかった」(28歳/ソフトウェア/技術職)

・「彼の家にパンツを忘れてしまったこと」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

なぜか数多く報告される、下着の忘れもの。修学旅行ではないので誰の下着かは一目瞭然ですが、彼氏に下着を返してもらうのは恥ずかしいですね。

■コスメを忘れた!

・「メイク道具を一部忘れてしまったこと」(33歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「彼の家にカミソリを置きっぱなしにしたこと」(26歳/その他/その他)

・「スキンケア用品をごっそり家に置いてきてしまった」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

男性の家にコスメを忘れるほか、自宅にスキンケア用品を忘れてしまったという人も。男性の家にはなさそうなものですし、地味に困りますね。

■突然の生理!

・「お泊まりした朝に生理になっていてシーツを汚した」(28歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「予想外の生理がきてしまったこと」(29歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

・「行為に及ぼうとしたときにトイレに行きたくなり、行ったら生理がきたときです」(24歳/金融・証券/営業職)

お泊まりデートの日と生理予定日をずらしたつもりでも、生理のタイミングが変わることがあります。こればかりは仕方ないですよね。

■来客と思いきや!?

・「奥さまが帰ってきてしまった」(35歳/小売店/技術職)

不倫だったということなのでしょうか。その後の展開が気になりますね。

■まとめ

やはり多いのは忘れ物関係でしょうか。かわいいものだったらよいですが、恥ずかしいものだったら大失敗ですね。また、シーツを汚してしまったというアクシデントも。失敗してせっかくのお泊まりが台無しにならないように準備ができる部分は万端にしたいですね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年7月にWebアンケート。有効回答数100件。22~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]