お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

こ、怖い……! 男性が目撃した「女性が豹変した瞬間」10

ファナティック

ふとした瞬間に見てしまった、女性が豹変する姿。シチュエーションに応じて態度を使いわけるというのは、誰もが自然にしていることですが、その変わりようが凄まじいと男性たちを驚かせてしまうことも。今回は、男性が目撃した「女性が豹変した瞬間」について聞いてみましょう。

■気に障るひと言で

・「ニコニコ話していたかと思ったら、気に障った言葉を口にしてしまったとたんに下を向いてブツブツ言いはじめた。恐らく、文句を言い返せずに、何を言っているかわからないように自分を落ち着かせようとしていたのだと思う」(39歳/情報・IT/技術職)

・「眉間のシワが変化し、ムッとした瞬間」(39歳/その他/技術職)

・「自分をバカにされたり、否定されたりするとキレる人」(33歳/人材派遣・人材紹介/営業職)

気にいらないことを言われた瞬間に表情が変わる。思ったことが顔に出やすい人なら心当たりがあるかもしれませんが、イライラした気持ちが思いっきり表情に出る瞬間を男性たちは見逃さないようです。それが多すぎると「キレやすい人なのかな」とも思われてしまうかもしれませんね。

■男性の登場で

・「ほかの女友だちとお喋りする瞬間。明らかに異性と話すときとは声や言葉遣いがちがう」(27歳/電機/技術職)

・「上司に対してだけ猫なで声でかわいこぶる」(36歳/機械・精密機器/技術職)

・「お金が絡むと汚かったり、男性の前だけ豹変する女性」(29歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「目当ての男性の前でだけ態度が変わる女性」(28歳/その他/その他)

男性の前でだけ態度が変わる女性というのもいますが、お目当ての男性が表れた瞬間にガラリと変わる女性を冷静に観察している男性は少なくなさそう。人によって態度を使いわけるというのは、見ているほうもあまり気分のいいものではないので誰に対しても同じ接し方ができるよう気をつけたいですね。

■ストレスやお酒をきっかけに

・「溜まったストレスが爆発して、行動がすべてが荒々しくなったとき」(30歳/金属・鉄鋼・化学/技術職)

・「大人しそうな女の子が痴漢に遭いそうになったとき、びっくりするほど大きな声で罵声を発したとき。犯人はもちろん、車内のおそらく全員がびっくりした」(31歳/運輸・倉庫/営業職)

・「酒の席で最初は虫も殺さない態度だったが、酒が進むにつれてトラになった」(30歳/その他/専門職)

普段は抑えている感情がお酒の勢いやたまりにたまったストレスで大爆発。そこまでストレスを溜めこんでいたのかと同情したくなる気持ち半分、怒らせると怖いかもという気持ち半分でドキドキしながら豹変の瞬間を見守っていたという男性も多そうですね。

■まとめ

豹変と言いたくなるほどの急激な態度や表情の変化にびっくりさせられた経験がある男性は少なくなさそう。感情をコントロールしきれずに爆発してしまうことはありますが、普段はおとなしそうな人だと余計に驚くのかも。ただ、ストレスなどが原因にしても相手によって態度を変えるにしても、あまりにも感情のままに行動するのは社会人として考えもの。気分屋だと思われてしまうと信用もなくしてしまいそうですよね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月1日~8月2日
調査人数:386人(22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]