お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

勝負かけるぜ! 男性は○回目のデートで彼女の部屋に行きたいと思っている!

ファナティック

 

彼氏に「家に行きたい」と言われたとき、「まだ早いかも……」「そろそろ?」と迷ってしまいませんか? 男性は一般的に、何回目のデートで彼女の部屋を訪れるものなのでしょうか。社会人男性に「彼女の部屋に行くのは何回目のデートが多いか」を聞いてみました。

Q.男性に質問です。彼女の部屋に初めて行くのは何回目のデートですか?

1位 4~5回目……45.0%
2位 2~3回目……26.1%
3位 6~7回目……14.4%
4位 10回目以降……6.3%
5位 初デート……5.4%
6位 8~9回目……2.7%

今回のアンケートでは、なんとほぼ半数の男性が「4~5回目に行く」と回答! 付き合い始めて4~5回デートを重ねたら、そろそろお泊まりデートの可能性を考えておいたほうがいい? なぜその回数を選んでしまうのか、詳しく聞いてみましょう。

■4~5回目がちょうどいい

・「2~3回で行くのは下心がありそうに思われるから」(34歳/運輸・倉庫/営業職)

・「少し慣れてきたくらいに行くのが礼儀だと思っているから」(33歳/電機/技術職)

・「ある程度打ち解けてからでないと部屋で話が弾まないから」(37歳/機械・精密機器/販売職・サービス系)

ある程度のデート回数をこなさないと、お互いのことがわからないもの。そのため男性としてはすぐ行きたいところではありつつも、「4~5回目までは待つ」男性が多いよう。この位に誘われたら、「まあ自然なこと」と捉えてもいいのかも!?

■緊張するので2~3回目がいい

・「早いほうが軽い感じで行きやすい」(36歳/小売店/販売職・サービス系)

・「そうでないと緊張するので」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

「彼女の家に行きたい」ことをアピールするのは、男性にとって少し荷が重いこともあるよう。時間をおけばおくほど妙に肩に力が入ってしまうこと、ありますよね。そのため恋愛が盛り上がっているのを機に、早めに行ってしまいたいという男性も……。

■早すぎず遅すぎずの6~7回目で

・「早すぎず遅すぎずなちょうどいいタイミングだと思うから」(24歳/電機/技術職)
・「週一でデートして、1カ月以上たったらくらい?」(34歳/情報・IT/技術職)

早すぎず遅すぎずのちょうどいいタイミングを狙って、6~7回目を選ぶ男性もいました。あまりに遅いと女性を不安にさせてしまいそうだし、かといって早すぎると遊び目的かと疑われるかもしれないし。無難なタイミング?

■その他のタイミング

(10回目以降)
・「このくらいの警戒心はお互いに必要だと思う」(32歳/商社・卸/営業職)

(初デート)
・「なるべく早く勝負をかけたい」(28歳/学校・教育関連/事務系専門職)

(8~9回目)
・「いきなり行くのはハードルが高いから」(37歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

男性のタイプによっては慎重にタイミングを狙うケースもあれば、早めに勝負をかけるケースも。ただしこれらの意見は少数派。一般的には慎重派と早期決戦派の「ちょうど中間」のタイミングを狙う男性が多いようです。

彼氏に家に行きたいといわれたとき、何回目のデートでOKを出すべきか悩んでしまうものですが、一般的に男性は「4~5回目のデート」で行くことが多いよう。まずはこの回数を基準として、自分の気持ちに「YESかNOか?」を問いかけてみるといいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2015年11月にWebアンケート。有効回答数111件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]