お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
デート・カップル

男性は彼女の「初めての男」or「最後の男」どちらになりたい?⇒58.4%が「〇〇の男」!

ファナティック

誰かと付き合うと、元の恋人や交際人数が気になってくるという人もいるのでは? もし誰かが自分と付き合ってくれるなら、何番目の男として選ばれたいという男性が多いのでしょうか。男性のみなさんに直接聞いてみました!

Q.彼女にとってのどちらの男になりたいですか?

初めての男……41.6%
最後の男……58.4%

約6割の男性が、付き合うなら「最後の男になりたい」と回答。ではまず、「初めての男になりたい」と答えた理由から見てみましょう。

<初めての男になりたい!>

■比べられたくない

・「何事をするにも新鮮さがあるし、前の男性と比較されたりしないから」(36歳/情報・IT/技術職)
・「前の男と比べられたりするのはイヤだから」(23歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

彼氏といえば、その女性にとっては世の男性の代表かも。初めて男性と付き合う女性は、ありのままを受け止めてくれそうですね。

■初めてには価値がある!

・「他の男の手あかがついていない状態のほうが大切にしたいと思えるから」(37歳/機械・精密機器/営業職)
・「初めての価値を十分に享受してほしいから」(31歳/自動車関連/技術職)

もし異性と付き合うのが初めてなら、キスをしたことさえないかもしれません。女性のあらゆるファーストを独占できる、ぜいたくさがあるかも。

<最後の男になりたい!>

■結婚で終わらせたい

・「お互いラストラブでありたいと願う」(38歳/学校・教育関連/専門職)
・「この彼女で最後にして、結婚したいといつも思う」(26歳/学校・教育関連/その他)

恋愛の終わりは、別れか結婚ですよね。付き合っている女性と結婚すれば、離婚しない限り自分が最後の男ということに。なんだか憧れますね。

■じっくり見てほしい!

・「いろいろ経験した上で最後の男になりたい」(33歳/金融・証券/営業職)
・「相手はいろいろな男を見てきたはずなので、良くも悪くも自分のことを見てもらいたい」(29歳/情報・IT/技術職)

バレンタインデーなどでは女性に選ばれる側になりがちな男性。いろいろな男性を知った上で自分を選んでもらえるとうれしいでしょうね。

■まとめ

「初めての男」も「最後の男」も、印象深い存在です。しかし思い出を重ねていけるのは「最後の男」のほうでしょう。そのためか、自分は「最後の男」になりたいと思う男性がやや多数派でしたね。みなさんはどの「〇〇の男」を望みますか?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数101件(22~38歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]